70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

第35話「キバ男爵最後の変身」

放映日:1973.10.13
登場怪人:吸血マンモス
決め技:V3回転三段キック
脚本:伊上勝 監督:内田一作

デストロンの脱走者と思しき男がデストロン秘密作戦をライダー隊本部に電話で密告しています。しかし、彼は吸血マンモスに襲われ殺されてしまいました。

さっそく風見が現場である北町の倉庫街に到着。あたりを捜索していると、例の密告者が電話していた電話ボックスに鍵が落ちていました。それを拾う風見。すると、そこに吸血マンモスが出現。その鍵を奪おうと風見に襲いかかります。長い鼻を巻き付けられ苦戦する風見。そこに佐久間ケンが現れ、これを助けようとしますが、歯が立ちません。風見は、鍵をケンに渡すと逃げるよう命じます。吸血マンモスが逃げるケンに慌てた隙に、風見も逃走。

戦闘員に襲われるケン。吸血マンモスも出現、ケンに鍵を渡すよう迫ります。そこに「ケンに渡したのは偽物だ」とV3が現れ、ケンをハリケーンに乗せ、ハリケーンジャンプ! これに向って、槍ミサイル(牙の形をした槍の先端がミサイルになって飛ぶ)を発射しますが、外れ。そのまま、空を飛んで逃げるV3。

さて、手に入れた鍵は新宿駅のコインロッカーのものでした。ロッカーの中からは3枚の写真が。
ちなみに、この時の風見の鍵の開け方が、実に風見志郎らしいのです。そして、画面はライダー隊本部へ。「この写真の人物は新聞やテレビでお馴染みの顔だ」とおやっさん。写真は宮本経済長官、山本総監、中田科学局長の3人。いわば、日本の頭脳というべき3人とのこと。経済長官は経済企画庁長官、科学局長は科学技術庁長官にあたるのでしょうか。総監は、やっぱり警視総監かな。いずれにしろ、政官界の大物というところでしょう。

そして、デストロンのアジトでは、キバ男爵が首領に、今回の作戦を説明しています。要するに、日本の頭脳というべき者を誘拐、頭脳を改造し、日本をデストロンの思い通りに動かそうというもの。名付けて、日本頭脳改造作戦。政官界の大物に手を伸ばすというのは、世界征服を企む悪の組織としては、まず妥当な作戦というところでしょう。そして、わら人形を火にくべるキバ男爵。

うなされつつ目を覚ます宮本経済長官。自宅から自動車でご出勤。そのお付きの運転手が吸血マンモスでした。しかし、突然、風見がその自動車の屋根に飛びつきます。デストロンが宮本長官らを誘拐するであろうことを知った風見は、既に見張っていたのです。走る自動車の屋根にしがみついているスタントも、もちろん宮内氏自身。とことん、自らアクションを演じます。

吸血マンモスは、宮本長官と共に自動車から降りると、自動車を風見と共に崖下に転落させます。爆発炎上する自動車。勝ち誇る吸血マンモスから、V3が宮本長官を救出します。吸血マンモスは、別働隊が他の2人を誘拐に向ったことを告げます。エレベーターの中で中田局長が、記者会見場では山本総監が次々に誘拐されます。そして、吸血マンモスは、V3に血の霧を浴びせ、その隙に逃走。すかさず、V3ホッパーで探知、ハリケーンで後を追うV3。と、ここでCM。

追跡するハリケーンを妨害するため、戦闘員がガソリンを撒き火を放ちますが、それを物ともせず追ってくるV3。さらにバイク部隊が妨害しますが、あっさりと蹴散らされます。
V3は自動車に追い付き、ドアを開けますが、乗っていたのは人形。爆発する自動車。まんまと吸血マンモスに逃げられてしまったようです。

さて、とりあえず中田科学局長と山本総監の誘拐に成功したキバ男爵は、早速2人の脳改造をしようとドーブーの魔法術を始めます。
しかし、首領は「デストロンは常に完全を要求する」と言って、誘拐に失敗した宮本経済長官を浚ってくることを命じます。作戦の趣旨からすれば、とりあえず、誘拐できた2人の脳改造をした方がいいのに…と思うのは私だけではないはずです。

一方、ライダー隊本部では、風見は何やら鏡の前で変装をしています。その周囲にはおやっさんやシゲル君達が、似てないの若すぎるのと勝手なことを言いながら、妙に楽しそうに風見の変装を見物しています。しかし、あら不思議、カツラを被ると、風見はどこからどう見ても宮本長官に。役者が変るんだもんなぁ、これでは変装というより、変身です。もっとも、声は宮内氏のまんまですけど。

長官の執務室と思しき場所で、デストロンを待つ風見(もちろん姿形は宮本長官)。そして、そこへキバ男爵が直々にお迎え。宮本長官に変装した風見は、アジトの牢に放り込まれます。そこには、既に誘拐された山本・中田の両氏が。しかし、風見が彼らに声を掛けても返事をしません。そこへ、宮本長官を連れたキバ男爵が顔を出します。風見の変装(変身?)は最初からばれていたようです。
そして、別働隊が本物の宮本長官を既に誘拐していたのです。なんか、今回、風見はやること為すこと、キバ男爵に出し抜かれているような気がします。

風見は、変身して牢から脱出しようしますが、大量の戦闘員が牢の中に現われ襲いかかり、変身を妨害。その隙に、キバ男爵は3人の脳改造をしようと、ドーブーの儀式を開始します。牢の中で苦戦する風見は、天井にあるパイプに飛びつき、これに逆さまにぶる下がって変身! そういえば、以前、あの中田博久氏が木にぶるさがってバーナーコウモリに変身してましたっけ。

V3はハリケーンに乗ったまま壁を突き破って手術室に乱入。3人を救出します。3人を連れて外に出るV3。そこにキバ男爵が現われます。そして、キバ男爵とV3との戦いが始まります。V3が、牙の槍をキバ男爵に投げつけると爆発。
キバ男爵は、吸血マンモスに変身しました。吸血マンモスことキバ男爵、最後の闘いです。ところで、この戦いの場面を飾るBGMがいつものV3のものではありません。旧1号ライダーの時から使われている、ちょっと怪奇色のある定番の曲M25(「正義の系譜」)です。なんか妙に懐かしい響きです。

吸血マンモスは、大地を揺らし、牙からミサイル(?)を撃ち、鼻を巻き付け攻撃しますが、ついには、V3回転3段キックの前に敗れます。その姿はキバ男爵に戻り、「キバ一族ついに滅ぶ…キバ一族の火よ消えよう…」の言葉を残して爆発。キバ男爵の最後です。

しかし、キバ一族を倒したのも束の間。V3に首領のメッセージが聞こえてきます。「キバ一族以上に凶悪な集団がやがておまえの前に姿をみせる。その名は、ツバサ大僧正率いるツバサ軍団!!」と。

放映リストに戻る

タイトルとURLをコピーしました