70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

第6話「ハンマークラゲ出現! 放てV3の必殺わざ !!」

放映日:1973.3.24
登場怪人:ハンマークラゲ
決め技:V3反転キック
脚本:鈴木生朗 監督:塚田正煕

突如現われた、ハンマークラゲの強力なハンマー攻撃に苦戦するV3。しかし、マモル君も瀕死の重傷を負っている為、ここは一旦退却します。

場面は変わって、デストロンのアジトでは、新エネルギーの秘密を西崎女史に喋らせるために、またしてもツトム君を誘拐せよと、首領はハンマークラゲに指示します。なんとかのひとつ覚えとも言うか、相変わらずの作戦ですが、この場ではこれが最良なのでしょうか?

病院には、マモル君のお姉さんが駆けつけ、マモル君の重傷の理由を聞きますが、デストロンの存在を信じないで、あろうことか、風見志郎が交通事故を起して、怪我をさせたんだと責めます。この辺りの描写は、いかにもというか、一般人の意識にはデストロンが浸透していないんだな、てのがよく表現されてますね。
そして、純子さんが志郎の家族の事を話そうとするところを、志郎は制止します。この辺りも、孤独なヒーローって感じが出ていて実に良い演出でした。そしてハンマークラゲに脅迫され、ツトム君を連れ出そうとしたら、マモル君が目覚め、志郎が輸血までしてくれた事を知らされ自分のしてきた事に後悔して、全てを告白します。

そして、ハンマークラゲとの第2回戦になるのですが、ハンマークラゲは武器の強力さもさることながら、防御力も凄い!V3キックを跳ね返してしまいました。そうこうしている間に、ツトム君は戦闘員に連れ去れてしまいます。
しかし、ここでは立花のおやっさんの、キーハンターばりのカーアクションが見られます。
しかも、振り落とされる前に、発信機を付けるといった細かい芸もありますしね。デストロンの面々も、このシブトサを見習って欲しいものです。

おやっさんが取り付けた発信機の波長を、V3はOシグナルに同調させ、デストロンの車をハリケーンで追います。

場面は変わって、ハンマークラゲは建設中のビルの最上階にツトム君を吊るして、西崎女史を脅迫します。ハンマークラゲは得意のハンマーで振動を起こし、ツトム君を吊った鉄柱(クレーンかな?)を折ろうとします。とうとう耐え切れなくなって、新エネルギーの解説を始めようとしたところに、「待て!」とV3が登場します。ハンマークラゲとの死闘が続くなか、ツトム君を支える鉄柱はどんどん折れていく・・・ハラハラさせる展開も実に上手いです。そしてV3は、26の秘密のひとつでもある「V3スクリューキック」で起死回生の勝利をつかみ、同時に落下するツトム君も救出します。

最後には、シゲル君も交えて、広場で野球をする子供達が描かれますが、マシンガンスネークの回の冒頭が野球で始まって、ハンマークラゲの回の終盤にまた野球の描写を入れるあたりには、当時の郷愁みたいなものを感じました。今の時代は、少年野球チームでも無い限り、公園や広場で野球をしているところなんて、あまり見掛けないような気がします。(ああ、懐かしの三角ベース…今の子供は知っているかな?)

放映リストに戻る

タイトルとURLをコピーしました