70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

石坂智子『ありがとう』

石坂智子
発売日 1980.06.21
作詞 伊藤薫
作曲 伊藤薫
編曲 大村雅朗

同名異曲というのは今に始まったことではありませんがあまり感心しない物です。もっとタイトルの付け方に工夫出来ないのかと思ってしまいます。で「ありがとう」といえば、当然石坂智子です。

たのきん世代には懐かしいこの曲はTVドラマ「ただいま放課後」のテーマ曲で、石坂智子のデビュー曲でした。オリコン最高位40位、売上6.8万枚となかなか健闘しました。

僕のレコードコレクションは「いい日旅立ち」の石坂版「北国へ」(ミディアムで演歌のようなマイナー調。国鉄のタイアップがあったような…)、中古で買った「デジタル・ナイト・ララバイ」(デビュー曲から一転ビートの利いた大人の歌です。出だしの♪デジタルナイトラ~ラバ~イ、のくだりは一度聴けば忘れません。)があります。

作詞:作曲は「ほほにキスして」や「LOVE IS OVER」の伊藤薫。英単語の出てこない美しい歌詞で、学園ソングのスタンダードを狙ったかのような内容です。最後のリフレインでは「この時代にありがとう」とコムロを先取っています。編曲はギターの神様・大村雅朗。石川ひとみ「あざやかな微笑」等で見せたアコースティックなアレンジが光ります。

ボーカルは少し乾いた声質でしっとり上手に歌っています。ルックスは御存知ない方にわかりやすく説明すると石野真子をヤンキーにした様な感じです。

彼女がデビューしたS55年(1980)は女性アイドル豊作の年で、彼女の場合ポジション的にはTOPを松田聖子が走り、岩崎良美&河合奈保子が第二集団を形成し、第三集団として柏原よしえ・浜田朱里・鹿取洋子・甲斐智枝美あたりと共に群れていました。
秋口には三原順子もデビューしましたが結局アイドルとして抜け出したのは柏原までで、石坂智子はドロップアウトしてしまいました。

やはりこれだけライバルが多いとそこそこ歌が巧くて、そこそこチャーミングで、そこそこ曲にも恵まれて…というだけでは、宣伝費の元が取れておつりがあるぐらいを狙うならともかく、運が向いて来ないということでしょう。
もっとも売れるのはほんの一握りで、水物だからショービジネスは面白いんだけどね。わかっていれば誰も苦労しないって。(『ヤンメロ(3)』アイドル編・オムニバス、他)

 heaven and earth
 

情報提供・コメント

  1. […] レコードのジャケット写真出典: https://idol.ne.jp/ishizakatomoko-arigato […]

タイトルとURLをコピーしました