70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

島田陽子(しまだようこ)ディスコグラフィ

愛のナレーション

1953年5月17日生まれ(66歳)、熊本県熊本市出身。

シングル

  • 「愛のナレーション」VICTOR EP:SV-2247/CD:MSCL-13287 72.03.

    愛のナレーション 高嶺修二、台詞:上野登代志/高嶺修二/クニ河内

    冬はその年も流れて 酒井国雄/千葉毅/ボブ佐久間

  • 「勇気をだして」VICTOR EP:SV-1163 73.

    勇気をだして 山上路夫/鈴木邦彦/佐藤行

    小さな坂道 山上路夫/鈴木邦彦/佐藤行

アルバム

  • 『島田陽子 愛の詩(うた)』テイチク LP:GM-36 76.08.

    ※漂うロマンの香り、詩と音楽で綴る愛の世界。朗読レコード。朗読:島田陽子、詞・構成:いちかわゆうぞう、音楽:さわはじめ、演奏:アンサンブル・アルモニコ。

    A「愛の旅路」より

    1.序

    2.花園にて

    3.川の流れに

    4.湖

    5.白い峰

    6.小径

    7.南の島

    8.夕映え

    B「世界青春詩」より

    1.うた

    2.君が瞳を見るときは

    3.そゞろあるき

    4.ましろの月

    5. 都に雨の降るごとく

    6.白帆

    7.郷愁

    8.山のあなた

島田陽子
『島田楊子』より : 島田 陽子(しまだ ようこ、1953年5月17日 - )は、日本の女優。旧姓名は島田 陽子→島田楊子。熊本県熊本市出身。血液型はO型、身長171cm。駒沢学園女子高等学校卒業。元T.N.B.所属。 来歴・人物 3歳からクラシックバレエを習い、高校まではバレリーナを目指していた。中学1年生の時に劇団若草に入団。 テレビドラマのデビュー作は1970年度版の『おさな妻』である。翌年放映の『続・氷点』では辻口陽子役を演じ、最終回の視聴率は42.7%に達した。以降、出演依頼が殺到。1970年代の映画、ドラマで、正義感にあふれた良家の子女役を多く演じた。 1974年(21歳)、“青春もの”学園ドラマ『われら青春!』(主演・中村雅俊)でヒロインの女教師役を演じ、「清純派女優」として若者世代を中心に人気女優となる。 1980年(27歳)、アメリカのテレビドラマ『将軍 SHOGUN』でヒロイン・まり子役を演じ、“外国人男性に尽くす日本女性”としてアメリカで大人気となる。

(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

 



情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました