ニュー・キラーズ(にゅー・きらーず)ディスコグラフィ

ニュー・キラーズ(にゅー・きらーず)ディスコグラフィ

ピンキーとキラーズのリードボーカルであったピンキー(今陽子)のソロ転向のため、ラブリーズ名義で江口佐江子と小林美也子をニューボーカルに迎えて再結成した男女混合グループ。
リーダーのパンチョ加賀美(ドラムス)、エンディ山口(ギター)、ルイス高野(ベース)、ジョージ浜野(オルガン)の6人構成。

シングル

  • 「太陽に愛されたい」KING EP:BS-1530 72.04.25

    太陽に愛されたい 増永直子/いずみたく/いずみたく
    地球を抱きしめよう 増永直子/いずみたく/いずみたく
  • 「朝日のメロディ」KING EP:BS-1591 72.09.25

    朝日のメロディ 山川啓介/いずみたく/いずみたく
    愛を求めて 増永直子/いずみたく/いずみたく
  • 「恋はくせもの」KING EP:BS-1637 73.02.05

    恋はくせもの いずみたく/いずみたく/いずみたく
    風に吹かれながら 山上路夫/いずみたく/いずみたく
  • 「渚のハーモニー」KING EP:BS-1697 73.06.25

    渚のハーモニー 山上路夫/森田公一/馬飼野俊一
    レモンのジュース 山上路夫/森田公一/馬飼野俊一
  • 「ゆらゆらと」KING EP:BS-1780 73.12.10

    ゆらゆらと 安井かずみ/加瀬邦彦/高田弘
    恋のあそび 安井かずみ/加瀬邦彦/高田弘

アルバム

  • 『ニュー・キラーズ誕生!そしてピンキー独立!~ニュー・キラーズ発表会より』KING EP:SKA-26 72.

    ※ 1972年4月26日、郵便貯金ホール「ニューキラーズ発表会」の模様を実況録音盤として発売。歌唱・演奏:ニュー・キラーズ(A面、B5、6) 、ピンキー(A4、B面)。

    A1.シーズン・オブ・ザ・サン  Mike Curve,M.David、日本語訳:北公次/鈴木邦彦/エンディ山口
    2.ハウ・ドゥ・ユー・ドゥ H.Van Hermert,H.Van Hoof、日本語訳:増永直子/H.Van Hermert,H.Van Hoof/エンディ山口
    3.オー・シャンゼリゼ P.Delanoe,M.Deigham,M.Wilsh、日本語訳:増永直子/P.Delanoe,M.Deigham,M.Wilsh/宮川泰
    4.何かいいことありそうな 山上路夫/いずみたく/大柿隆
    5.バタフライ Gerard,Juris、日本語訳:なかにし礼/Gerard,Juris/ジョージ浜野
    6.想い出のグリーングラス Curly Putman、日本語訳:山上路夫/Curly Putman/ルイス高野
    B1.オールド・ファッション・ラヴ・ソング
    2.君に夢中
    3.さよならの朝
    4.熱風
    5.木枯らしの少女
    6.太陽に愛されたい
  • 『ニューキラーズ/太陽に愛されたい』KING EP:SKA-31 72.

    ※A面がオリジナル曲、B面が洋楽カバー。「オー・シャンゼリゼ」の曲順は不確定。

    A1.太陽に愛されたい
    2.地球を抱きしめよう
    3.風よ
    4.失われた世界
    5.花のささやき
    6.愛するハーモニー
    B1.シーズン・オブ・ザ・サン
    2.涙
    3.悲しき片想い
    4.オー・シャンゼリゼ
    5.バタフライ
    6.サインはピース
  • 『ニュー・キラーズ・ファミリー・コンサート』KING EP:SKA-42 73.

    A1.日曜日はいいもんだ
    2.モンパパ
    3.クラリネットをこわしちゃった
    4.ドレミの歌
    5.TVマンガ・メドレー
    6.ピンポンパン体操の唄
    B1.朝日のメロディ
    2.恋よまわれ
    3.バラはあこがれ
    4.チキチキバンバン
    5.オーチンチン
    6.幸福を売る男
    7.手のひらを太陽に

情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました