70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

機動戦士Zガンダム

機動戦士Zガンダム
@サンライズ

放映:85.03.02~86.02.22
原作:富野由悠季・矢立肇(原案)
制作:名古屋テレビ・創通エージェンシー・日本サンライズ
放送局:名古屋テレビ(テレビ朝日)系
話数:50話

ロボットアニメというジャンルに革命を起こした、今なお人気の衰えないアニメーション『機動戦士ガンダム』。
1年戦争が終結して7年。コロニーで暮らす少年カミーユは、地球連邦組織ティターンズに反感をもち、スペースノイドの独立自治権運動組織エゥーゴへと逃亡。
今はクアトロと名乗るかつての紅い彗星シャアのもと、ガンダムマーク2のパイロットとして、ニュータイプとしての資質を高めていく。
アムロはもちろん、ブライトやハヤト、フラウ、カイ、ミライらホワイトベースのクルーもほぼ登場。彼らがシャアと手を組むという、ファンにうれしい展開も見物だ。

機動戦士ガンダムΖΖは続編。

  1. 黒いガンダム
  2. 旅立ち
  3. カプセルの中
  4. エマの脱走
  5. 父と子と…
  6. 地球圏へ
  7. サイド1の脱出
  8. 月の裏側
  9. 新しい絆
  10. 再会
  11. 大気圏突入
  12. ジャブローの風
  13. シャトル発進
  14. アムロ再び
  15. カツの出撃
  16. 白い闇を抜けて
  17. ホンコン・シティ
  18. とらわれたミライ
  19. シンデレラ・フォウ
  20. 灼熱の脱出
  21. ゼータの鼓動
  22. シロッコの眼
  23. ムーン・アタック
  24. 反撃
  25. コロニーが落ちる日
  26. ジオンの亡霊
  27. シャアの帰還
  28. ジュピトリス潜入
  29. サイド2の危機
  30. ジェリド特攻
  31. ハーフムーン・ラブ
  32. 謎のモビルスーツ
  33. アクシズからの使者
  34. 宇宙(そら)が呼ぶ声
  35. キリマンジャロの嵐
  36. 永遠(えいえん)のフォウ
  37. ダカールの日
  38. レコアの気配
  39. 湖畔
  40. グリプス始動
  41. 目覚め
  42. さよならロザミィ
  43. ハマーンの嘲笑
  44. ゼダンの門
  45. 天から来るもの
  46. シロッコ立つ
  47. 宇宙(そら)の渦
  48. ロザミアの中で
  49. 生命(いのち)散って
  50. 宇宙(そら)を駆ける
機動戦士Zガンダム
『機動戦士Ζガンダム』より : 『機動戦士Ζガンダム』(きどうせんしゼータガンダム、MOBILE SUIT Ζ GUNDAM)は、サンライズが制作した『ガンダムシリーズ』のテレビアニメ。 名古屋テレビを制作局として、ANN系列で1985年(昭和60年)3月2日から1986年(昭和61年)2月22日まで、毎週土曜日17:30 - 18:00の時間帯にて全50話が放送された。物語は1979年 - 1980年に放送された『機動戦士ガンダム』の続編にあたるが、設定はその劇場映画版3部作から連なるものとなっている。略称は「Ζ(ゼータ)」。 本項では2005年(平成17年)から2006年(平成18年)にかけて制作、および松竹系にて公開された劇場映画版『機動戦士Ζガンダム A New Translation』(- ア・ニュー・トランスレーション)シリーズについても記述する。 物語 一年戦争が終結し、7年の月日が流れた宇宙世紀0087。 ジオン公国軍に勝利した地球連邦軍は増長し、コロニーに対して、支配と圧力を強めていた。やがて連邦軍内部に「ジオンの残党狩り」を名目に、スペースノイドへの強権的制裁を加えるエリート部隊「ティターンズ」が創設された。
機動戦士Zガンダム エウーゴvsティターンズ
『機動戦士Ζガンダム エゥーゴvs.ティターンズ』より : 『機動戦士Ζガンダム エゥーゴvs.ティターンズ』(きどうせんしゼータガンダム エゥーゴバーサスティターンズ)は、テレビアニメ『機動戦士Ζガンダム』を原作とした対戦型アクションゲーム。開発をカプコンが担当し、バンダイより発売された。 アーケード版は2003年9月に発売。2004年8月には、バランスの改定、新要素の追加などがなされたアッパーバージョン『機動戦士Ζガンダム エゥーゴvs.ティターンズDX』が発売された。 2003年12月4日に発売されたPlayStation 2版はKDDIの通信対戦サービスマルチマッチングBB対応ソフトであり、同サービスの下で4人対戦が可能。オフラインでも画面を左右に分割して2人プレイ可能。 追加されたシステム 基本的なゲームシステム及びルールは前作に相当する『機動戦士ガンダム 連邦vs.ジオン』と同様であるが、以下のシステムが追加されている。 ハイパーコンビネーション 一定条件下で画面上のコンビネーションゲージが蓄積され、ゲージがMAXになった後通信ボタンを2回押すことで、一定時間自軍の両機体がパワーアップする。
機動戦士Zガンダム エゥーゴvsティターンズ
『機動戦士Ζガンダム エゥーゴvs.ティターンズ』より : 『機動戦士Ζガンダム エゥーゴvs.ティターンズ』(きどうせんしゼータガンダム エゥーゴバーサスティターンズ)は、テレビアニメ『機動戦士Ζガンダム』を原作とした対戦型アクションゲーム。開発をカプコンが担当し、バンダイより発売された。 アーケード版は2003年9月に発売。2004年8月には、バランスの改定、新要素の追加などがなされたアッパーバージョン『機動戦士Ζガンダム エゥーゴvs.ティターンズDX』が発売された。 2003年12月4日に発売されたPlayStation 2版はKDDIの通信対戦サービスマルチマッチングBB対応ソフトであり、同サービスの下で4人対戦が可能。オフラインでも画面を左右に分割して2人プレイ可能。 追加されたシステム 基本的なゲームシステム及びルールは前作に相当する『機動戦士ガンダム 連邦vs.ジオン』と同様であるが、以下のシステムが追加されている。 ハイパーコンビネーション 一定条件下で画面上のコンビネーションゲージが蓄積され、ゲージがMAXになった後通信ボタンを2回押すことで、一定時間自軍の両機体がパワーアップする。
機動戦士Zガンダム・ホットスクランブル
『機動戦士Ζガンダム・ホットスクランブル』より : 『機動戦士Ζガンダム・ホットスクランブル』(きどうせんしゼータガンダム・ホットスクランブル)は、1986年にバンダイから発売されたファミリーコンピュータ用ゲームソフト。後に携帯電話用ゲームとして移植された。また、ゲーム『機動戦士ガンダム 戦士達の軌跡』のキャンペーンで、ファミコンミニ版として復刻され、抽選でプレゼントされた。 本作はテレビアニメ『機動戦士Ζガンダム』を題材にしたアクションシューティングゲーム。ファミリーコンピュータ初の「ガンダムシリーズ」を題材としたゲームでもある。 プレイヤーは主役機であるΖガンダムを操作して、ティターンズおよびアクシズの部隊と戦闘する。ゲームは大きく2つのシーンに構成されており、それぞれを繰り返す。一つは画面内を移動する敵モビルスーツに照準を合わせビームライフルで狙撃するコックピット視点のシューティングゲーム(現在でいうFPSに近い)で、もう一つは要塞面といわれる横スクロールのアクションシューティングで、迷路構造の通路内を移動して要塞コアの破壊を目指す内容となっている。

(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

 


情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました