70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

小さなスーパーマン ガンバロン

小さなスーパーマン ガンバロン
@創英舎・NTV

僕がやらなきゃ、誰がやる!!アッ! あれは何だ!? 流星だわ! UFOだ! いや、ガンバロンだ!!

天道家の御曹司、天道輝は、明るく元気な小学5年生。
ふだんは「少年タイムス」の記者をしている。

一方、頭脳明晰でいじわるなワルワル博士は、自ら怪人ドワルキンに変身し、悪事の限りをつくして町を大混乱に陥れるとき、輝は世界一の科学者だった祖父の作ったバロンスーツを身につけガンバロンに変身!
スーパーマシンのトブーン・バクシーン・ヒライダーと共に戦い、みんなの平和を守り抜くのだ!

スーパーロボット レッドバロン」「スーパーロボット マッハバロン」に続くバロンシリーズの第三作。

放映:77.04.03~77.12.24
プロデューサー:渡辺一彦(日本テレビ)、高橋明男(日本テレビ)、内間稔(読売広告社)、大野実(読売広告社)
音楽:ミッキー吉野
特殊造形:コスモプロ
特殊模型:郡司模型
制作:創英舎
放送局:日本テレビ系
話数:32話

第1話ゲスト:フォーリーブス
第2話ゲスト:ザ・リリーズ

キャスト
少年タイムス記者
天道輝・ガンバロン:安藤一人
デスク:古川清隆(ジャニーズJr.)
アリス:河端未和
ケンダマ:内海敏彦
チー子:西島久美
ロング:金月真美
カッパ:谷部勝彦

西郷百合:原田真弓(あいはら友子)
西郷大造:石川進
ムッシュ:黒部進
ワルワル博士:天本英世
番頭ワメベエ:花巻五郎
ナレーター:中江真司

主題歌
  • ※括弧内は歌唱歌手。「ガンバロン’77」はOPテーマ。「友達のガンバロン」はEDテーマ。

    ガンバロン’77 (ザ・バーズ、ジャニーズ少年団) 千家和也/ミッキー吉野/ミッキー吉野

    友達のガンバロン (ザ・バーズ、ジャニーズ少年団) 千家和也/ミッキー吉野/ミッキー吉野

    ちっちゃなひみつ (桜井妙子、ザ・バーズ) 千家和也/ミッキー吉野/ミッキー吉野

    ごくろうさん (石川進) クニ河内/ミッキー吉野/ミッキー吉野

    レッツ・ゴー!ダイバロン (天馬昇三) 千家和也/ミッキー吉野/ミッキー吉野

    ドワルキン・ブルース (スティーブおとうさん) 能丸武/ミッキー吉野/ミッキー吉野

    輝け!少年タイムス (ザ・バーズ) 丹羽しげお/ミッキー吉野/ミッキー吉野

    おまかせゴエモン (安田おじさんとガンバロンオーケストラ) 安田州良/ミッキー吉野/ミッキー吉野

放映No.サブタイトル放送日怪人脚本監督
1.出たぞ!オソロシゴリラ1977.4.3オソロシーゴリラ長坂秀佳東条昭平
2.オソロシゴリラの逆襲1977.4.10オソロシーゴリラ長坂秀佳東条昭平
3.危うし!SL・新幹線1977.4.17長坂秀佳古澤憲吾
4.負けるな!ナマズ大地震1977.4.24ロボットナマズ長坂秀佳古澤憲吾
5.怪人ドワルキン!怒りの挑戦状1977.5.1サイボーグサヤカ上原正三深沢清澄
6.大ピンチ!あばけ悪魔の正体1977.5.8サイボーグサヤカ上原正三深沢清澄
7.恐怖!ガリバー大作戦1977.5.15巨大化ワルワル博士(ガリバー)田口成光東条昭平
8.大爆発!涙のサッカーボール1977.5.22田口成光東条昭平
9.見たぞ!ダイヤを吐く西洋人形1977.5.29長坂秀佳古澤憲吾
10.驚き!歩くドラム缶バクダン1977.6.5長坂秀佳古澤憲吾
11.あ!化けタヌキのビックリ作戦1977.6.12化けタヌキ長坂秀佳深沢清澄
12.大暴れ!誕生日の人くいグマ1977.6.19田口成光深沢清澄
13.助けて!嵐にさらわれたチー子1977.6.26長坂秀佳東条昭平
14.でっかいぞ!ダイバロン登場1977.7.3ジャイアントゴリ上原正三東条昭平
15.やっつけろ!無敵ダイバロン1977.7.10ジャイアントゴリ上原正三古澤憲吾
16.怪談シリーズ! 化け猫騒動1977.7.17バケ猫長坂秀佳古澤憲吾
17.怪談シリーズ! ユーレイ屋敷1977.7.31長坂秀佳深沢清澄
18.グアム島シリーズ! マゼランの宝1977.8.7鷹人チャイフィ長坂秀佳深沢清澄
19.グアム島シリーズ! 伝説の魔神1977.8.14長坂秀佳深沢清澄
20.グアム島シリーズ! 怒りの巨人1977.8.21バッチイズドーン上原正三東条昭平
21.すごいぞ!天才塾の子供たち1977.8.28上原正三東条昭平
22.たたりか!暴れだした地獄魔神1977.9.4地獄魔神田口成光古澤憲吾
23.つかまえて!赤ちゃん大脱走1977.9.11田口成光古澤憲吾
24.本当 !? 狼が街にやってきた1977.9.18狼男長坂秀佳深沢清澄
25.謎!謎 !? ドワルキン2人1977.9.25ロボットドワルキン長坂秀佳深沢清澄
26.巨人ドワルキン!対ダイバロン1977.10.1巨人ドワルキン長坂秀佳、田口成光東条昭平、深沢清澄
27.見たぞ!デスクがロボットに1977.10.8ワルワルデスク、巨人ドワルキン長坂秀佳、田口成光東条昭平、深沢清澄
28.大変!輝がドワルキンの味方 !?1977.10.22巨人ドワルキン長坂秀佳、田口成光東条昭平、深沢清澄
29.飛びだせ!僕らの力を試す時1977.11.12巨人ドワルキン長坂秀佳、田口成光東条昭平、深沢清澄
30.あぶない拳銃に狙われた四人1977.11.26巨人ドワルキン 長坂秀佳、田口成光東条昭平、深沢清澄
31.バクハツ!黄金のカブト虫1977.12.17爆弾カブト虫 巨人ドワルキン長坂秀佳、田口成光東条昭平、深沢清澄
32.ぶっとばせ!嘘つきドワルキン1977.12.24巨人ドワルキン長坂秀佳、田口成光東条昭平、深沢清澄
小さなスーパーマン ガンバロン
『小さなスーパーマン ガンバロン』(ちいさなスーパーマン ガンバロン)は、1977年(昭和52年)4月3日から同年12月24日まで全32話が日本テレビ系列で毎週日曜日18:30 - 19:00(25話まで)、毎週土曜日7:00 - 7:30(26話から)に放送された、創英舎製作の特撮テレビ番組。 解説 『スーパーロボット レッドバロン』『スーパーロボット マッハバロン』に続くバロンシリーズの第三作とされるが、日本テレビ側の意向により前二作とは大きく方向転換された。 視聴者と同世代の子供が主人公となり、変身ヒーローものの要素が加わった。後半からの変身ヒーローが巨大ロボットに乗るという構図は本作品がエポックメイキングであったとされる。ストーリーはコメディ色が強く打ち出された一方で、レギュラーとして特撮ファンにも馴染みの深い黒部進、天本英世らが起用された。 日本テレビ音楽との連携により、シリーズ初期には人気アイドルのゲスト出演が行われた。第1話にはフォーリーブス、第2話には当初ピンク・レディーがキャスティングされたが、スケジュールの都合でザ・リリーズが代わって出演している。

(by SimpleAPI:WikipediaAPI)





情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました