70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

山口智子

山口 智子(やまぐち ともこ、1964年10月20日 - )は、日本の女優である。栃木県栃木市出身。研音所属。夫は俳優の唐沢寿明。身長170cm。


== 来歴 ==
栃木市立栃木西中学校時代には生徒会会長を務めた。栃木県立栃木女子高等学校、青山学院女子短期大学家政学科卒業。短大在学中は広告研究会に所属した。
幼少期より将来は家業の旅館を継いで女将にと言われ続け、「家族の期待に応えたい」一方で「本当にそれが自分の望む道なのか」と葛藤を抱えて育つ。現場での修業を重視し大学受験は不要と考える親に対し、推薦入学での進学という方法を見出し、「2年たったら帰ってくるから」と東京の短期大学に進学。家を出て女子学生寮で生活し、家業の旅館を継ぐ以外の可能性を模索する中、短大在学中に声をかけられViViのモデルとして活動を開始する。
1986年、東レキャンペーンガールでデビュー。1987年にはこの年からスタートしたアサヒビールのキャンペーンガールにも就任。当時はボックスコーポレーションに所属していた。この頃、コマーシャル・モデルの仕事もしていて、東急イングループのパンフレット(総合案内、結婚式用)のモデルを務めた。
23歳となり、所属事務所に届いた案内をたまたま目にして応募したNHK連続テレビ小説のヒロインオーディションに合格し、1988年度後期放送の『純ちゃんの応援歌』でヒロインを務め女優デビュー、後に夫となる唐沢寿明と義弟役で共演する。その後、日本テレビやTBS、フジテレビなど数々のトレンディードラマのヒロイン級の役柄を担当し、一躍スターダムにのし上がる。
1990年にはシリーズモノは別として火曜サスペンス劇場枠の2時間ドラマに異例とも言える3作品に主演した。また1990年代、全盛期の山口智子出演ドラマは同世代の女性達から支持を集め、いずれも高視聴率が取れたため「連ドラクイーン」や「高視聴率の女王」とも呼ばれた。
目標を持たぬまま目前の仕事に取り組むうちに30歳を迎え、自分が何に関心があるのかを見つめ直し自分が納得することをしてみたいと、1996年の『ロングバケーション』出演を境に女優業から一旦遠ざかり、幼い頃より抱いていた「主婦になりたい」という夢を叶えるため当面の間主婦業に専念する。
1995年に唐沢寿明と結婚してからは女優業を徐々に縮小し、CMを中心に仕事をシフトしている。
2008年から2010年3月まで中目黒の川沿いに燕子花(かきつばた)という西洋/東洋の伝統工芸雑貨のセレクトショップをオーナー経営していた。2010年には世界中を旅して出会った多様な民族音楽と文化を収録する映像シリーズ「LISTEN.」のプロデュースを開始し、自身のライフワークとしている。
2012年の『ゴーイング マイ ホーム』で『ロングバケーション』以来16年ぶりに連続ドラマに出演、2015年には『ロングバケーション』以来19年ぶりの連続ドラマのラブストーリーとなる『心がポキッとね』に出演。2018年に出演した『BG〜身辺警護人〜』では、『ロングバケーション』で共演した木村拓哉との22年ぶりの再共演で話題を呼んだ。
2018年現在は単発的にTV出演などのタレント活動もしている。
2019年には同年度前期放送のNHK連続テレビ小説『なつぞら』で『純ちゃんの応援歌』以来31年ぶりに朝ドラに出演、また7月期放送の『監察医 朝顔』で『ロングバケーション』以来23年ぶりにフジテレビ月9ドラマへ出演した。
私生活では、1988年の『純ちゃんの応援歌』での共演で知り合った唐沢寿明と、1992年2月に発生した宅配便を装った男性の自宅への侵入事件をきっかけに交際が発覚し、1995年12月に結婚した。「気持ちさえあれば」と、新婚旅行も結婚式も指輪交換も行わなかった。特殊な家庭環境で育ったことから血縁を信用しておらず、「『親』というものになりたくない」と「子供のいる人生じゃない人生」を選択し、子供は設けていない。


== 人物 ==
実家は栃木市倭町内にかつて存在した創業120年の老舗旅館の「ホテル鯉保(こいやす)」で、業績不振と実父の死去に伴う後継者難により2005年8月31日で廃業。一人娘で家業を継ぎ女将となることが定められていたが、旅館を一人で切り盛りする祖母の苦労を目にして家業のために自身を犠牲にする祖母の生き方に疑問を抱き、家や宿命に縛られることなく後悔しない人生を自身で選びたいと実家を離れた。
俳人松尾芭蕉を経済的にも支援した門弟杉山杉風の子孫にあたる。
フラメンコに20代から10年間にわたって本格的に取り組み、15年のブランクを経て、本場のスペイン・アンダルシアの旅先で目にした日常生活の中で何気なく踊られる踊り手の人生が投影されたフラメンコに触発されて、2017年より再び練習を再開した。元ダンサー役を演じるNHK連続テレビ小説『なつぞら』では、劇中でフラメンコのエッセンスを生かしたダンスを披露した。


== 出演 ==


=== テレビドラマ ===
※主演は太字。

連続テレビ小説(NHK)
純ちゃんの応援歌(1988年10月3日 - 1989年4月1日) - 小野純子 役
なつぞら(2019年4月1日 - 9月28日) - 岸川亜矢美 役
同・級・生(1989年7月3日 - 9月25日、フジテレビ) - 沢口優子 役
過ぎし日のセレナーデ(1989年10月19日 - 1990年3月22日、フジテレビ、木曜劇場) - 海棠千晶 役
咲くや花嫁(1990年1月2日、NHK)
キスの温度〜一番近い他人(1990年5月9日、日本テレビ)
魔術はささやく(1990年4月3日、日本テレビ、火曜サスペンス劇場、NTV映像センター) - 高木和子 役
普通の結婚式(1990年4月6日、TBS)
殺しのインターチェンジ(1990年5月14日、関西テレビ)
六月の花嫁シリーズ「新婚」(1990年6月26日、日本テレビ、火曜サスペンス劇場、KANOX) - 橋本安子 役
女動物医事件簿1 耳を噛む犬(1990年7月17日、日本テレビ、火曜サスペンス劇場、東映) - 栃尾彩子 役
女動物医事件簿2 炎を吐いた猫(1991年3月12日)
女動物医事件簿3 人見知りする犬(1991年12月17日)
おっと、あぶない!(1990年8月23日、読売テレビ)
おっと、あぶない!2(1991年1月16日)
おっと、あぶない!外伝(1993年2月18日)
車椅子ごと抱きしめたい(1990年8月25日、日本テレビ、24時間テレビ障害者福祉キャンペーンドラマ)
犬笛 愛犬が暴く完全犯罪! (1990年10月9日、テレビ朝日、火曜ミステリー劇場) - 篠原祥子 役
隠し絵の女(1990年10月30日、日本テレビ、火曜サスペンス劇場)
妹の旅(1991年2月10日、TBS)
プサマカシ 若き助産婦のアフリカ熱中記(1991年2月19日、日本テレビ、カネボウヒューマンスペシャル)
どんでん夫婦(1991年3月21日、読売テレビ、木曜ゴールデンドラマ)
もう誰も愛さない(1991年4月11日 - 6月27日、フジテレビ) - 田代美幸 役
五月の風(1991年5月22日、日本テレビ)
結婚したい男たち(1991年7月5日 - 9月20日、TBS、金曜ドラマ) - 鳥居忍 役
愛は仁義(1992年4月9日、読売テレビ、ドラマシティ)
六畳一間一家六人(1992年4月17日 - 6月26日、NHK)
子供が寝たあとで(1992年4月18日 - 6月27日、日本テレビ、土曜グランド劇場) - 伊藤すみれ 役
ジャック・アンド・ベティ物語(1992年8月10日 - 17日、TBS、月曜ドラマスペシャル)
いとこ同志(1992年10月14日 - 12月23日、日本テレビ) - 川島笑子 役
天国に一番近いママ(1993年4月6日、日本テレビ)
ダブル・キッチン(1993年4月16日 - 6月25日、TBS) - 花岡都 役
ダブル・キッチンお正月スペシャル 花岡家ハワイに行く 壮絶バトル!ハワイ産玉のれんと鼓初登場(1994年1月2日)
スウィート・ホーム(1994年1月9日 - 3月27日、TBS、東芝日曜劇場) - 井上若葉 役
29歳のクリスマス(1994年10月20日 - 12月22日、フジテレビ、木曜劇場) - 矢吹典子 役
王様のレストラン(1995年4月19日 - 7月5日、フジテレビ) - 磯野しずか 役
古畑任三郎スペシャル第24回「しばしのお別れ」(1996年3月27日、フジテレビ) - 二葉鳳翆 役
ロングバケーション(1996年4月15日 - 6月24日、フジテレビ) - 葉山南 役
向田邦子の恋文(2004年1月2日、TBS) - 向田邦子 役
ゴーイング マイ ホーム(2012年10月9日 - 12月18日、関西テレビ) - 坪井沙江 役
LEADERS リーダーズ(2014年3月22日・23日、TBS、ドラマ特別企画) - 愛知晴子 役
心がポキッとね(2015年4月8日 - 6月10日、フジテレビ) - 鴨田静 役
ハロー張りネズミ(2017年7月14日 - 9月15日、TBS) - 風かほる 役
BG〜身辺警護人〜(2018年2月22日 - 3月1日、テレビ朝日) - 小田切仁美 役
監察医 朝顔(2019年7月8日 - 9月23日、フジテレビ) - 夏目茶子 役監察医 朝顔『特別編』(2019年9月30日)
監察医 朝顔(第2シーズン)(2020年11月2日 - 2021年3月22日)
正義の天秤(2021年9月25日 - 10月23日、NHK総合) - 冨野静子 役


=== 教養・ドキュメンタリー ===
Letters 彼女の旅の物語(2001-2003年、パーフェクト・チョイス)
山口智子の旅シリーズ 第1弾:ゴッホへの旅〜私は、日本人の眼を持ちたい〜(2005年11月22日、BS日テレ)
山口智子の旅シリーズ 第2弾:北斎とドガ〜生きること、仕事をすること〜(2006年9月29日、BS日テレ)
エルミタージュと私〜山口智子 名画を語る〜(2006年10月19-22日、日本テレビ)
史上最大の女帝エカテリーナ 愛のエルミタージュ物語(2006年10月23日、日本テレビ)
山口智子 手わざの細道(2007年4月1日、テレビ東京)*企画・出演・プロデュース
山口智子 手わざの細道2 うるしの国のもの語り(2007年9月23日、テレビ東京)*企画・出演・プロデュース
BS日テレ開局7周年特別番組 山口智子の旅:ロダンの浮世絵〜人間、花の中の花!〜(2007年、BS日テレ)
趣味悠々-茶の湯 武者小路千家 初釜を楽しむ-(2008年1月7-28日、NHK教育、全4回)
山口智子の音楽遺産(2008年12月29-30日、WOWOW)
天才ダ・ヴィンチ 伝説の巨大壁画発見!(2008年、日本テレビ)
メンデルスゾーン生誕200年記念特別番組 「山口智子の時を旅し時を奏でる」!(2009年12月24日、テレビ東京)*企画・取材
okaeri 山口智子 美の巡礼 第1回「装飾は語る ハンガリー・アール・ヌーヴォーの来た道」(2010年4月24日、BSフジ)
okaeri 山口智子 美の巡礼 第2回「文様が囁く〜クロアチア 黄金と巨石を運ぶ海の道」(2010年10月30日、BSフジ)
DaiwaHouse and Tomoko Yamaguchi present LISTEN1001(2011年-2012年 、BS朝日)*企画・取材
BS朝日新春スペシャル 「向田邦子が教えてくれること〜山口智子と考える"絆"〜」(2012年1月3日、BS朝日)


=== バラエティ ===
11PM(日本テレビ)
連想ゲーム(NHK)(1989年10月 - 1990年1月に週替わりで出演していた。)
クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!(日本テレビ)(1989年6月 - 1990年1月に不定期出演していた。)
日立 世界・ふしぎ発見!(TBS)(不定期出演)
森田一義アワー 笑っていいとも!(1989年6月26日・1991年4月10日、フジテレビ)(テレフォンショッキングゲスト。)


=== 映画 ===
七人のおたく cult seven(1992年、東映)
Coo 遠い海から来たクー(1993年、声優として参加) - キャシー野崎 役
居酒屋ゆうれい(1994年、萩原健一と共演:報知映画賞新人賞)
undo(1994年、ヘラルド・エース)
大失恋。(1995年、東映)
罠 THE TRAP(1996年)
ビリケン(1996年)
スワロウテイル(1996年)
ライラの冒険 黄金の羅針盤(2008年、日本語吹き替え) - コールター夫人 役
崖の上のポニョ(2008年、声優として参加)


=== ラジオ ===
カラーオブライフ(2011年2月19日 - 3月12日、東京FM)


=== CM ===
トヨタ自動車 『カリーナ』(1990年・1991年)
山崎製パン(1989年- 1993年)
富士フイルム 『Simple Hi8』(1993年)
サントリー 『ダイナミック』「それがあなたのいいところ」篇(1993年・1994年)
エステー化学 『シャルダン』(1993年 - 1996年)
日産自動車 『セフィーロ』(1994年 - 1996年)
日本アイ・ビー・エム 『OS/2 Warp』(1995年)
ワールド 『UNTITLED(アンタイトル)』
京阪電気鉄道 「京阪で近道」(1993年 - 1996年)
日本テレコム(1996年 - 2000年)
味の素「味の素ギフト」(1997年 - 1998年)
日本交通公社 『LOOK JTB』(2000年)
資生堂コスメニティー 『アスプリール』(2000年 - 2005年)
ダイドードリンコ 『Miu』(2001年)
日本エアシステム『バースデー割引』(2001年 - 2002年)
大王製紙 (2001年 - 2003年)
ファーストリテイリング『ボトムス』(2002年)
JT 『うぶ茶』(2002年)
宝くじ 『スクラッチ』(2003年 - 2006年)
みずほ銀行『スクラッチ』(2003年 - 2006年)
サントリー 『新炭濾過・純生』(2004年)
イオン「singing AEON」(2004年 - 2008年)
千趣会『山笑う』(2007年)
P&G 『h & s』(2007年 - 2009年)
アサヒビール 『アサヒ オフ』(2009年)
セガ 『ぷよぷよ7(ニンテンドーDS版)』 (2009年)
グリコ乳業 『朝食プロバイオティクスヨーグルト』(2011年 - 2012年)
docomo 『しゃべってコンシェル』(2012年)
サントリー 『オールフリー』(2013年 - )
タカギ(2015年 - )
アサヒビール アサヒもぎたて(2019年 - )


=== ミュージックビデオ ===
RADWIMPS「TWILIGHT」(2021年)


=== Web ===
okaeri 山口智子 美の巡礼 (2010年04月19日)


== 受賞歴 ==
1994年
第19回報知映画賞 新人賞(『居酒屋ゆうれい』)
1995年
第5回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演女優賞(『王様のレストラン』)
1996年
第9回ザテレビジョンドラマアカデミー賞(『ロングバケーション』)
主演女優賞
ベストドレッサー賞


== 著書 ==
『手紙の行方:チリ』(ロッキンオン)
『反省文:ハワイ』(ロッキンオン)
『恋文 女帝エカテリーナ二世 発見された千百六十二通の手紙』(著)小野 理子、 山口智子(アーティストハウス)
『楽しい和ー』(小学館)
『名も知らぬ遠き島より』(筑摩書房)
『掛けたくなる軸』(朝日新聞)


== DVD ==
山口智子の旅シリーズ 山口智子 ゴッホへの旅 〜私は、日本人の眼を持ちたい〜 (2006)
山口智子の旅シリーズ第2弾 山口智子 北斎とドガ「生きること、仕事をすること」(2007)


== その他 ==
千趣会・伊藤忠商事共同で展開するファッションブランド「山笑う」をプロデュース
イノセンス 鈴木敏夫が草薙素子役で配役しようとしたが押井守監督や大塚明夫ら主要キャスト声優などの反対と本人の固辞で幻の出演予定作品。


== 脚注 ==


=== 注釈 ===


=== 出典 ===


== 外部リンク ==
山口智子オフィシャルサイト
研音によるプロフィール
燕子花(かきつばた) ※2010年3月1日閉店
山口智子 - KINENOTE
山口智子 - NHK人物録

タイトルとURLをコピーしました