70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

ドリーン・ボイド

ドリーン・ボイド(Doreen Boyd、1961年10月10日 - )は、1980年代前半に日本で活動したアメリカ合衆国ハワイ州出身のモデル。
1982年、東レキャンペーンガールに選ばれる。


== 来歴・人物 ==
アメリカ合衆国カリフォルニア州のサンディエゴ州立大学でマーケティングリサーチを学び、バレーボールで州選抜チームに選ばれた。休学して帰郷したハワイでモデルにスカウトされ、6社と契約した。11PM出演時の新聞広告では「小麦色に日焼けしたハダ、ビキニの水着からこぼれそうなボイン、カモシカのように長い足、茶色の髪と瞳をもつなかなかの美女で、スタイリストも絶賛するプロポーションの持ち主」と紹介され、身長170、B89、W60、H85センチメートルのサイズと「収録の時、足先から顔までパンアップするカメラマンが『足が長すぎてパンが遅れてしまう』と苦笑する一コマもあった」というエピソードが書かれている。


== 出演 ==


=== テレビ ===
11PM (日本テレビ)カバーガール


== ディスコグラフィ ==


=== シングル ===
シルバー・ムーン・スキャンダル (作詞:柴田陽平、作曲:小六禮次郎、編曲:小六禮次郎)1982年8月 東芝EMI


== 脚注 ==

タイトルとURLをコピーしました