宇宙戦士バルディオス

宇宙戦士バルディオス
@葦プロダクション

放映:80.06.30~81.01.25
原作:酒井あきよし
制作:葦プロダクション
放送局:テレビ東京系
話数:31話

1981年に公開された、当時、壮大なストーリーと複雑な人間関係が話題を呼んだハードSFロボットアニメ。

  1. 孤独の追跡者
  2. パルサバーンの秘密
  3. スパイの烙印
  4. 亜空間突入の日
  5. 甦える復讐者
  6. 灼熱の決死圏
  7. 愛の墓標
  8. ヒマラー山脈の決闘
  9. めぐり逢い、そして…
  10. 我が友亜空間に散る
  11. 情無用の戒律
  12. 世界連盟から来た男
  13. 想い出のリトルジャパン
  14. さらば愛しの妹よ
  15. いつわりの平和会議
  16. 悪夢からの脱出
  17. 裏切りと暗殺の旅路 (前)
  18. 裏切りと暗殺の旅路 (後)
  19. 亜空間に架ける橋
  20. 甦えった悪魔 (前)
  21. 甦えった悪魔 (後)
  22. 特攻メカ・ブロリラーの挑戦
  23. マリン、日本を救え!
  24. バルディオス・パワーアップ!
  25. ガットラー暗殺計画
  26. 謎の宇宙生命体
  27. 私が信じたスパイ
  28. 決死のランデブー飛行
  29. 地球氷河期作戦
  30. 地球不毛の日
  31. 破滅への序曲
宇宙戦士バルディオス
『宇宙戦士バルディオス』(うちゅうせんしバルディオス)は、1980年6月30日から1981年1月25日まで東京12チャンネルで放送された、葦プロダクション・国際映画社製作のロボットアニメである。全31話が放送され、後に劇場版も公開された。 解説 テレビ版放送開始とアニメ業界の状況 本作は国際映画社が初めて手がけたロボットアニメであり、『亜空間戦士ビッグバーン』として企画がスタートした。 葦プロがロボットアニメを手がけるのは『超合体魔術ロボ ギンガイザー』以来、3年ぶりである(『ギンガイザー』失敗でいったんロボットアニメの制作から手を引き、ファンタジーアニメ・ギャグアニメ路線(『女王陛下のプティアンジェ』、『くじらのホセフィーナ』、『ずっこけナイトドンデラマンチャ』、『ふたごのモンチッチ』)を手がけるも大成功とは言い難いものであった)。

(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました