70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

鉄腕アトム(1980年版)

鉄腕アトム(1980年版)
@手塚プロダクション

放映:80.10.01~1981.12.23
原作:手塚治虫
制作:日本テレビ・手塚プロダクション
放送局:日本テレビ系
話数:52話

手塚治虫キャラの中で抜群の認知度を持つ「鉄腕アトム」。
欠点や悩みも持つロボット・アトムを中心に、人間愛にあふれたドラマが展開。愛と勇気と正義の物語。

  1. アトム誕生
  2. アトム対アトラス
  3. ロボットサーカス
  4. クラスメートを救え!
  5. アトム対アトラス・2 アトラス復活
  6. ロボットランド
  7. フランケンシュタイン
  8. 赤いネコ
  9. アトム対アトラス3 砂漠のクリスタル
  10. 白い惑星号
  11. ロボット大統領
  12. ダムダムの首
  13. 電光人間
  14. ウランはおてんば娘
  15. ロビオとロビエット
  16. 火星隊長
  17. スペースシャトルSOS
  18. アトム対アトラス 4 恐怖のすい星
  19. 悪魔の風船
  20. 十字架島のプーク
  21. イワンのバカ
  22. うそつきロボット
  23. アルソアから来た少女
  24. 地上最大のロボット・前編
  25. 地上最大のロボット・後編
  26. アトム対アトラス 5 暴走族ガデム
  27. ブラックジャックの大作戦
  28. ちびロボサムの大冒険
  29. アトム対アトラス 6 氷の中の帝王
  30. ウランちゃんとウランちゃん
  31. 嵐の中を突っ走れ!
  32. クレオパトラの謎
  33. アトム対アトラス 7 地下鉄大暴走
  34. 子象プーラ
  35. ミツバチ島の秘密
  36. クラーケンの怪物
  37. ポチョムポチョム島のルミー
  38. アトム対アトラス 8 衛星破壊!プロトン砲
  39. 盗まれた太陽
  40. ブラックルックス
  41. 魔神ガロン
  42. 進め!ガラクタ三銃士
  43. アトム対アトラス9 アトラスよ永遠に
  44. 宇宙ヒョウ
  45. ウランちゃんの神様
  46. 宇宙空港R-45
  47. 飛行船 危機一髪!
  48. 人面岩
  49. ウランは殺し屋が好き
  50. オーディンの大魔境
  51. スフインクスの怒り
  52. アトムの初恋
鉄腕アトム
『鉄腕アトム』(てつわんアトム、日本での英題はMighty Atom)は、手塚治虫のSF漫画作品及び同作を原作としたテレビアニメ、特撮テレビ番組の作品名、並びに作品内の主人公である架空のロボットの名称である。テレビアニメ版で使用された主題歌の曲名でもある。 21世紀の未来を舞台に、原子力(後に核融合)をエネルギー源として動き、人と同等の感情を持った少年ロボット、アトムが活躍する物語。米題は『ASTRO BOY(アストロ・ボーイ)』。 本作は、1951年(昭和26年)4月から翌年3月に連載された『アトム大使』の登場人物であったアトムを主人公として、1952年(昭和27年)4月から1968年(昭和43年)にかけて、「少年」(光文社)に連載され、1963年(昭和38年)から1966年(昭和41年)にかけてフジテレビ系で日本で初めての国産テレビアニメとしてアニメ化された。
鉄腕アトム (アニメ第1作)
鉄腕アトム (アニメ第1作)では手塚治虫原作の漫画『鉄腕アトム』のアニメ第1作目を解説する。
フジテレビジョン フジテレビ系列にて、1963年1月1日から1966年12月31日まで放送。全193話。日本で最初の連続テレビアニメと言われてきたが、正確にはそれ以前にインスタント・ヒストリー(3分番組で実質1分)が存在するため、現在では「日本で最初の1話30分の本格的連続テレビアニメ」と言われる事が多い。一部を除きモノクロ作品。
登場人物の設定は鉄腕アトム#登場キャラクター 登場キャラクターを参照。
アトム:清水マリ、田上和枝(代役、97 - 106話)
お茶の水博士:勝田久
ウラン:水垣洋子、武藤礼子、芳川和子
コバルト:小宮山清
ヒゲオヤジ:矢島正明、和田文夫 和田文雄
鉄腕アトム (アニメ第2作)
鉄腕アトム (アニメ第2作)では手塚治虫原作の漫画『鉄腕アトム』のアニメ第2作目を解説する。
初めてカラーで制作された作品。第1作よりもアクションシーンがかなり重視されたが、9回に渡って繰り広げられた「アトム対アトラス」のシリーズからも、「心を持つロボット」というテーマは本作でも健在とわかる。また、手塚治虫自身が脚本、演出を手がけた最後の鉄腕アトム作品でもあり、手塚らしいユーモアのある物語や演出が随所に見られる。
説明のない登場人物は鉄腕アトム#登場キャラクター 登場キャラクターを参照。
: 原作に一度だけ登場した同名の、「悪の心であるオメガ因子を持つロボット」の設定を膨らませた、本作オリジナルのキャラクター。
: 科学者ワルプル・ギス男爵が非合法で入手したアトムの設計図を元にして制作、オメガ因子を取り付けた悪のロボット。当初はアトムと同様の少年型であり、ギス男爵の命令で悪事を働かされていたが、ロボットを物扱いして虐待するギス男爵が、姉代わりだったリビアンを破壊した際に怒りを覚えて反抗。その後自分自身を青年型のロボットに改造し、ロボットを虐待している人間への復讐として様々なテロ活動を起こすようになり、アトムとは何度も対決することになる。

(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました