70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

多岐川裕美(たきがわゆみ)ディスコグラフィ

多岐川裕美(たきがわゆみ)ディスコグラフィ

1951年2月16日生まれ(68歳)、東京都杉並区出身。
1974年映画「聖獣学園」でデビュー。以降女優として主にテレビで活躍。当たり役は筒井康隆原作の「七瀬ふたたび」の火田七瀬役。音楽活動では1980年「酸っぱい経験」、渡哲也とのデュエット・ソング「めぐり逢いしのび逢い」などのヒットを放つ。

シングル

  • 「あいつの残影」TEICHIKU EP:RS-45 76.11.01

    ※「あいつの残影」は東映映画「新女囚さそり・701号」主題曲。

    あいつの残影/山口洋子/平尾昌晃/竜崎孝路

    そしていまでは冬が好き 山口洋子/平尾昌晃/竜崎孝路

  • 「愛しのララバイ」VICTOR EP:VIH-1083 80.

    ※「愛しのララバイ」は日本テレビ系ドラマ火曜劇場「愛しい女」主題歌。

    愛しのララバイ 竜真知子/大野雄二/小笠原寛

    ジ・グ・ザ・グ・ハイウェイ 八坂裕子/佐藤三樹夫/小笠原寛

  • 「酸っぱい経験」VICTOR EP:VIHX-1519 80.09.21

    ※「酸っぱい経験」はカゴメ・トマト&レモンCMイメージ・ソング。

    酸っぱい経験 三浦徳子/小笠原寛/小笠原寛

    魔性の女 三浦徳子/小笠原寛/小笠原寛

  • 「濡れてさよなら」VICTOR EP:VIHX-1527 80.12.20

    濡れてさよなら 三浦徳子/小笠原寛/小笠原寛

    おやすみマイ・ハート 三浦徳子/小笠原寛/小笠原寛

  • 「彼女と彼」ビクター EP:VIHX-1540 81.

    彼女と彼 三浦徳子/鈴木淳/小笠原寛

    星空ナイト 三浦徳子/鈴木淳/小笠原寛

  • 「セクシーキャット」VICTOR EP:VIHX1552 81.

    セクシーキャット 三浦徳子/小笠原寛/小笠原寛

    酸っぱい季節 三浦徳子/小笠原寛/小笠原寛

  • 「黒のオートバイ」taurus EP:07TR-1011 82.05.21

    黒のオートバイ 三浦徳子/沢田研二/小笠原寛

    太陽のミストレス 来生えつこ/来生たかお/鈴木茂

  • 「マイタイとため息と」taurus EP:07TR-1022 82.

    マイタイとため息と 安井かずみ/加藤和彦/清水信之 

    BODY COQUETRY 阿木燿子/沢田研二/小笠原寛 

  • 「めぐり逢いしのび逢い」taurus EP:07TR-1026 82.12.01

    ※「めぐり逢いしのび逢い」は渡哲也とのデュエット曲。「さすらいの挽歌」は唄:渡哲也。

    めぐり逢いしのび逢い 水木かおる/遠藤実/斎藤恒夫

    さすらいの挽歌 塔山清/遠藤実/京建輔

  • 「ADULT(アダルト)」taurus EP:07TR-1076 84.09.21

    ADULT(アダルト) 三浦徳子/小笠原寛/小笠原寛

    帰らない恋人 小林和子/小笠原寛/小笠原寛

  • 「神戸メランコリー」taurus EP:07TR-1034 83.05

    神戸メランコリー 三浦徳子/小笠原寛/馬飼野俊一

    TOKYO BLUE 瓜生秀人/森田公一/馬飼野俊一

  • 「あいたいよ」taurus EP:07TR-1051

    ※「あいたいよ」は東海ライターCM曲。

    あいたいよ 中村泰士/中村泰士/若草恵

    きわどく黄昏 多岐川裕美/森田公一/

  • 「あぶない二人」taurus EP:07TR-1138 86.10.22

    ※「あぶない二人」は中村泰士とのデュエット曲。

    あぶない2人 中村泰士/中村泰士/

    あと五分だけ //

  • 「恋、爛漫」taurus EP:07TR-1164 87.08.26

    ※「恋、爛漫」は秋田銘醸「美酒爛漫」CMソング。

    恋、爛漫 荒木とよひさ/三木たかし/川口真

    泣いてみなさい子供のように //

  • 「19番のタンゴ」taurus CD:TASL-7339 92.09.30

    ※「多岐川裕美・高田純次」名義。「19番のタンゴ」はJ.A.M.Creamのカバー。

    19番のタンゴ 長戸大幸/吉江一男/寺尾広

    雨のバラードに抱かれて 森山進治/多々納好夫/

多岐川裕美
多岐川 裕美(たきがわ ゆみ、1951年2月16日 - )は、日本の女優・歌手。東京都杉並区荻窪出身。本名は大内 薫(おおうち かおる)。山脇学園短期大学英文科中退。ハーキュリーズ(2014年まで)トライストーン・エンタテイメント所属。 長女はタレントの多岐川華子。元夫は阿知波信介。   父は会社員、母は保険の外交員。開進第二小学校~山脇学園中学校・高等学校卒業。1974年、山脇学園短期大学在学中に東京駅近くでアルバイトをしていた時、『聖獣学園』のヒロインを探していた同作の監督・鈴木則文にスカウトされ、東映岡田茂社長の面談を受けて合格し女優となる。芸名は同作の役名・「多岐川魔矢」の多岐川と、鈴木が偶然開いた女性週刊誌の中にあった懸賞の一等入選者の名を見て、その運を貰うことを思いつき、合わせて「多岐川裕美」とした。同作で主演デビューしヌードも披露。   本作以降、脱ぐことを拒否したが、東映実録ヤクザ路線の極北といわれる『仁義の墓場』(1975年)での主人公・石川力夫と破滅に向かうヒロイン役や『続・愛と誠』(1975年)での影の大番長・高原由紀役などで好演した。

(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

 




情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました