戦闘メカ ザブングル

戦闘メカ ザブングル
@サンライズ

放映:82.02.06~83.01.29
原作:富野由悠季・鈴木良武/矢立肇(原案)
制作:日本サンライズ
放送局:名古屋テレビ系
話数:50話

『機動戦士ガンダム』『伝説巨神イデオン』に続き、富野由悠季監督が放ったSFTVアニメーション・シリーズ。

無法惑星ゾラを舞台に、両親を殺された少年ジロンの復讐劇が、やがてゾラを支配するイノセントとの全面戦争へと発展していくさまがバイテリティ豊かに描かれていく。
西部劇を彷彿させる荒野にロボット(ウォーカーマシーン)が登場するといったユニークな設定や、前2作から一転してコミカルなテイストで繰り広げられながらもハードな世界観は保たれており、また主人公の乗るロボットが途中で変わり、しかも主人公の顔は丸顔であるなど、従来のアニメの枠を打ち破る興味深い事象が盛りだくさん。今なお熱狂的なファンが潜在するのも当然の傑作に仕上がっている。

  1. 命をかけて生きてます
  2. ザブングルはもらったよ
  3. みーんな当て外れ
  4. なんで掟を破るのさ
  5. 3人そろってシャクの種
  6. あんたジロンの何なのさ
  7. 信ずるものは浮かばれる
  8. ミスにはミスがない
  9. 花は野に咲けマリア花
  10. 女の勇者はこわいです
  11. 追いかけて、追いかけて
  12. 謎また謎のイノセント
  13. あとは野となる大破壊
  14. ティンプ、悪あがき
  15. 泥まみれ、やけっくそ
  16. 哀歌かなしく
  17. 役者やのオで大勝負
  18. 家出がなんで悪いのさ
  19. コンドルよ、とべ!
  20. アコンは伊達男か?
  21. 惚れられて、惚れられて
  22. 破れかぶれのラグ
  23. ラグよ帰れ!我が胸に
  24. 死闘、激闘、泣きカラス
  25. 捨て身と捨て身の大戦闘
  26. イノセント大乱戦
  27. うたえ!戦士の歌を
  28. 弱味みつけたイノセント
  29. イノセントだって必死
  30. 頭にきたらおしまいよ
  31. 女の心をあやつれば
  32. 俺の勝手はあんたの勝手
  33. ゴタゴタ果てしなく
  34. ファットマン思いはるかに
  35. 軍隊みつけた
  36. 忍びこみ大作戦
  37. 女いろいろ万華鏡
  38. エルチ、舞う!
  39. 個人プレーじゃ駄ー目
  40. カタカム、やぶれかぶれ
  41. カタカムは終った
  42. グレタ、吠える
  43. ヨップ捜せば大混戦
  44. アーサー様・お大事に
  45. 太陽に向って立て
  46. アーサー様がんばる
  47. エルチ目覚めよ
  48. 永遠のアーサー様
  49. 決戦!Xポイント
  50. みんな走れ!
戦闘メカ ザブングル
『戦闘メカ ザブングル』(せんとうメカ ザブングル)は、1982年(昭和57年)2月6日から1983年(昭和58年)1月29日まで、名古屋テレビを制作局として、テレビ朝日系で毎週土曜17:30 ‐18:00(JST)枠に於いて全50話が放送された、日本サンライズ(現・サンライズ)制作のロボットアニメである。英語表記は、Xabungle。日本サンライズ創立10周年記念作品。 富野喜幸が名義を富野由悠季と改め、『伝説巨神イデオン』以来2年ぶりにTVアニメの監督としてこの時間枠に復帰した作品。本作『戦闘メカ ザブングル』の後、『聖戦士ダンバイン』、『重戦機エルガイム』、『機動戦士Ζガンダム』、『機動戦士ガンダムΖΖ』まで1年もののTVアニメとして連続5作品を送り出すことになる。 前番組『最強ロボ ダイオージャ』が放送開始した1981年の春には、リアルロボット作品として『ガンダム』の評価が定まってきており、ガンプラなど関連商品が大ヒットを記録していた。
戦闘メカ ザブングルの登場人物
戦闘メカ ザブングルの登場人物(せんとうメカ ザブングルのとうじょうじんぶつ)はテレビアニメ及びアニメーション映画『戦闘メカ ザブングル』に登場する架空の人物。
シビリアンは惑星ゾラでの人類再生計画において、もっとも新しい種族。好奇心旺盛で自ら行動範囲を拡大し、体質、知性ともに十分にイノセントの求める水準に達していると見なされている種族。ウォーカー・マシンやランド・シップを与えられ、強すぎる闘争本能を検討されていた。
:本作主人公。鉄の爪(腕)と呼ばれたロックマンを父に持つ。両親を殺したティンプ・シャローンを見失い掟の3日以内に仇を討てなかったが、WMを盗んでまでしてティンプに復讐しようとした。WMを盗んで手に入れる、ティンプへの仇討ちに関しては掟を無視するがザブングルは3日の掟で手に入れようとするなど、主人公の割にはお調子者で、仲間からもその点を批判されていた。しかし肉親の敵討ちは理屈じゃない、復讐を終えた後はザブングルを返却する、その後はどんな人生でもかまわないとさえも述べている。

(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました