70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

ピコ(ぴこ)ディスコグラフィ

千円の旅

福岡県出身の松尾理恵子、山崎綾香による女性フォークデュオ。
1972年度全国フォーク音楽祭全国大会に「ピコ」名義で出場後、「ポップコーン」に改名してデビュー。翌1974年にグループ名をピコに戻す。

シングル

  • 「千円の旅」MGM(POLYDOR) EP:DM-2504 73.01.25

    ※ポップコーン名義。

    千円の旅 武藤美代子/山崎綾香/馬飼野康二

    愛しあうのは今 たかたかし/惣領泰則/馬飼野康二

  • 「生まれた時は」MGM EP:DM-2508 73.05.21

    ※ここまでポップコーン名義。

    生まれた時は 千家和也/松尾理恵子/馬飼野康二

    悪いのはいつも私 千家和也/羽根田武邦/馬飼野康二

  • 「乙女の挽歌」BLACK(TEICHIKU) EP:B-34 74.08.25

    ※ここからピコ名義。

    乙女の挽歌 松本隆/杉本正人/青木望

    白は悲しみの色 杉本正人/杉本正人/青木望

  • 「春色の倖せ」BLACK EP:B-37 75.01.

    春色の倖せ 松本隆/竜崎孝路/竜崎孝路

    押花の想い出 //

  • 「あなたと私のレッセッセ」CANYON EP:F-205 77.08.25

    ※「あなたと私のレッセッセ」のオリジナルは松山千春のデビュー番組として知られるSTVラジオ「千春のひとりうた」時代の未発表曲「君と僕のレッセッセ」。

    あなたと私のレッセッセ 松山千春/松山千春/松井忠重

    うつろな日々 ピコ/ピコ/松井忠重

アルバム

  • 『生まれた時は』MGM(POLYDOR) LP:MM-2506 73.05.

    ※ポップコーン名義。「’73ポップスの新星…美しいハーモニーが話題」「夕陽」は1972年度全国フォーク音楽祭全国大会出場曲。 ?????? 1973年9月 ???????

    A1.生まれた時は 千家和也/松尾理恵子/馬飼野康二

    2.勇気を下さい 日本語訳:実川俊晴//惣領泰則

    3.花屋と少女 実川俊晴/惣領泰則/馬飼野康二、惣領泰則

    4.悪いのはいつも私 千家和也/羽根田武邦/馬飼野康二

    5.忘れていませんか 千家和也/山崎綾香/馬飼野康二

    6.愛は…… 松尾理恵子/ポップコーン/惣領泰則

    B1.愛はもう見えない 惣領泰則/惣領泰則/馬飼野康二、惣領泰則

    2.千円の旅 武藤美代子/山崎綾香/馬飼野康二

    3.風の贈りもの 惣領泰則/惣領泰則/惣領泰則

    4.三日月 //馬飼野康二

    5.愛しあうのは今 たかたかし/惣領泰則/馬飼野康二

    6.夕陽 本田一恵/山崎綾香/馬飼野康二

  • 『青春のらくがき』CANYON LP:FF-9009 77.10.25

    ※ピコ名義。「澄んだハーモニーと豊かなオリジナリティの女性デュオ、ピコ」

    A1.君はイエスタデイ 実川俊晴、松尾理恵子/山崎綾香/松井忠重

    2.うつろな日々 ピコ/ピコ/松井忠重

    3.さよならロミオ 実川俊晴/ピコ/松井忠重

    4.青春の落書き 実川俊晴/山崎綾香/松井忠重

    5.あなたと私のレッセッセ 松山千春/松山千春/松井忠重

    6.想い出は涙と共に 子門真人/子門真人/松井忠重

    B1.チキチキに乗って 松尾理恵子/ピコ/松井忠重

    2.限りなき抱擁 実川俊晴/ピコ/松井忠重

    3.私はウェイトレス 松尾理恵子/ピコ/松井忠重

    4.道奥みちのくへ 松尾理恵子/ピコ/松井忠重

    5.どうすればいいの 松尾理恵子/ピコ/松井忠重

ポップコーン (女性デュオ)
ポップコーンは、全国フォーク音楽祭出場を経て1973年にデビューした福岡県出身の松尾理恵子・山崎綾香による女性フォーク歌手デュオ。1974年にピコと改名した。
千円の旅(1973年1月25日)
*作詞:武藤美代子、作曲:山崎綾香、編曲:馬飼野康二
生まれた時は(1973年5月21日)
*作詞:千家和也、作曲:松尾理恵子、編曲:馬飼野康二
乙女の挽歌(1974年)
*作詞:松本隆、作曲:杉本正人
日本の歌手グループ ほつふこーん

(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

 




情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました