70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

おくさまは18歳

おくさまは18歳
@TBS・大映

放映:70.09.29~71.09.28
放送局:TBS・大映
原作:本村三四子
話数:53話

主題歌
  • ※括弧内は歌唱歌手。「おくさまは18歳」は主題歌。「小さなお城」は挿入歌。

    おくさまは18歳 (岡崎友紀) 岡崎友紀/長沢口一/荒木圭男

    小さなお城 (岡崎友紀) 岡崎友紀/T・パインフィールド/大沢保郎

北辰学園
高木あすか:岡崎友紀
日本史 高木哲也:石立鉄男
理科 海沼先生:寺尾聡
英語 渋沢加奈子:冨士真奈美
図書司書 小山美矢子:秋川ゆり
校長 大山修造:森川信
生徒 芦野史朗:内田善郎
生徒 水川佐知子:高橋まゆみ

山本達子:横山道代
花咲ユメ子:うつみみどり
松木エミ:松坂慶子

高校3年生で18歳の高木飛鳥(岡崎)は、病弱な祖母に花嫁姿を見せるため、親同士が決めた許嫁の高木哲也(石立)と結婚。2人は同じ学校に通う生徒と先生で、学園内では2人が結婚していることは秘密。女生徒に人気のある高木と男子生徒のヒロインである飛鳥。そんな環境の中で、次々と巻き起こるコミカルな事件を描いた傑作ラブ・コメディ。

また、英語教師のオールドミス、渋沢詩子(富士)が哲也を執拗に追い回す姿は、奥様は魔女(2004年TBS放映)でみせた演技にも通じる妙技。さらに、人気少女漫画家の役どころ花咲ユメ子(うつみ)の「くやしいわ!くやしいわ!何だかとってもくやしいわ!」と叫びながら風船を割るシーンが印象的。

放映No.サブタイトル放送日
1.結婚したことヒミツなの!1970.9.29
2.シットしちゃおう燃えちゃおう1970.10.6
3.おとなってなあに1970.10.13
4.押しかけ女房がきちゃった1970.10.20
5.私ミスじゃないのに1970.10.27
6.結婚してくれですって1970.11.3
7.ニクイあのひと1970.11.10
8.負けてたまるか1970.11.17
9.こっち来ちゃいやん1970.11.24
10.二人のためと云いながら1970.12.1
11.未成年お断り1970.12.8
12.あなたテストの問題教えて1970.12.15
13.あなたは左 わたしは右よ1970.12.22
14.そこに胸があったのよ1970.12.29
15.お夢は白い船の中1971.1.5
16.颱風が来ちゃった1971.1.12
17.ラブレターがきちゃった1971.1.19
18.病気なんていやよ1971.1.26
19.はじめてのデート1971.2.2
20.子分にしてくれ1971.2.9
21.アルバイトはたいへん1971.2.16
22.別々はイヤ!1971.2.23
23.哲也 誰にもふれないで1971.3.2
24.邪魔なアイツ1971.3.9
25.ホントのこと言っちゃった1971.3.16
26.もうひとりの飛鳥1971.3.23
27.すてきに悲しい日曜日1971.3.30
28.ヤキモチはやきません1971.4.6
29.全員ハイターイ!1971.4.13
30.花と海と太陽と・・・1971.4.20
31.まったく不愉快1971.4.27
32.一人だけの夫婦1971.5.4
33.てんでブルーな誕生日1971.5.11
34.イョオ!マンガねえちゃん1971.5.18
35.花嫁 学校落第生1971.5.25
36.困ったお隣さん1971.6.1
37.わたしはまじめな奥さんなのよ1971.6.8
38.PTAでーす1971.6.15
39.嫁さん よく聞けよ1971.6.22
40.イヤミなじいさんと高原だヨーン1971.6.29
41.ライバル参上!1971.7.6
42.キッスがいっぱい!1971.7.13
43.夢はもうイヤ1971.7.20
44.隣の男にご用心!1971.7.27
45.離婚しまーす1971.8.3
46.真っ黒こげの季節です1971.8.10
47.お芝居でーす1971.8.17
48.恋文泥棒1971.8.24
49.占いなんて当らない1971.8.31
50.魔女・まじょ・マジョ1971.9.7
51.海沼先生やめないで!1971.9.14
52.ゴキブリ・尼さん・PTA1971.9.21
53.始めよければ 終わりよし1971.9.28
おくさまは18歳
『おくさまは18歳』(おくさまはじゅうはっさい)は本村三四子作の少女漫画。およびこれを原作としたテレビドラマと劇場用映画。 少女漫画 集英社「週刊マーガレット」に1969年8月より1970年8月まで連載された。ラブコメディの典型的なスタイルを生み出した作品とされる。 舞台はアメリカのカレッジ「スイートピー学園」。青年教師のリッキー・ネルソンと女学生のリンダ・ネルソンは結婚している事を隠して学園生活を送っているが、次々に事件に巻き込まれ、秘密がばれそうになると言うもの。 テレビドラマ(1970年版) 1970年9月29日から1971年9月28日までTBS系列で全53回が放送された。 企画 1969年秋、取材先の北海道網走の食堂で、偶然週刊マーガレットに連載中の原作を見出した脚本家の佐々木守は、設定を日本の高校に移し変えてドラマ化を企画。大映テレビ室のプロデューサー春日千春の元に持ち込み、TBSで放映が決定した。 佐々木の構想では、恋愛が成就するまでを描く「青春ドラマ」とも結婚生活から始まる「ホームドラマ」とも違う、秘密に結婚したカップルが学園生活を送るという、かつて無かった「思春期ドラマ」であり、“笑いとサスペンスに満ちたライトコメディ”であるとされている。

(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

 



情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました