森下恵理(もりしたえり)ディスコグラフィ

森下恵理(もりしたえり)ディスコグラフィ
1981年開催「HIDEKIの弟妹募集!!全国縦断新人歌手オーディション」準優勝。優勝は石川秀美。
キャッチフレーズは『齧じってごらん、エキゾチック・フルーツERI』。
森下恵理→Eri→moneji→Eri→Nobori Eri(シンガーソングライター)に改名。

シングル

  • 「ブルージン・ボーイ!」RVC EP:RHS-204 85.06.21

    ※加藤和彦プロデュース

    ブルージン・ボーイ! 安井かずみ/加藤和彦/武部聡志

    秘密のダイアリー 安井かずみ/加藤和彦/武部聡志

  • 「わたしは街のバレリーナ」RVC EP:RHS-219 85.09.26

    わたしは街のバレリーナ 安井かずみ/加藤和彦/武部聡志

    ふられて・フーフー 安井かずみ/加藤和彦/国吉良一

  • 「Hey!Baby」RVC EP:RHS-232 86.02.21

    ※「Hey!Baby」は89年に竹内まりや(「シングルアゲイン」のカップリング)、93年に横山知枝がそれぞれリメイク。

    Hey!Baby 竹内まりや/竹内まりや/鈴木茂

    九月のERI 秋元康/松尾清憲/鈴木茂

  • 「サマータイム・グラフィティ」RVC EP:RHS-247 86.07.09

    サマータイム・グラフィティ 湯川れい子/加藤和彦/国吉良一

    ダンスはクラスメイトと 秋元康/松尾清憲/国吉良一

  • 「BlueEyesを抱きしめたい」RVC EP:RHS-279 87.06.21

    BlueEyesを抱きしめたい 佐藤純子/森下恵里/杉山TOM

    MAMAはナーバス 岩里祐穂/上田知華/中村哲

  • 「A Way of Escape」BGM/VICTOR EP:B07S-11/CT:B10T-11 88.03.21

    A Way of Escape 森下恵里/森下恵里/林有三

    聴かせてWorry 森下恵里/森下恵里/林有三

アルバム

  • 『ボーイ・フレンド』RVC LP:RHL-8428 85.10.21

    ※11以降の曲はCD再発のみ収録。CD再発:(VIVID SOUND/CD:VSCD3735/03.12.25)

    A1.中古のムスタング 安井かずみ/加藤和彦/国吉良一

    2.ダンスはクラスメイトと 秋元康/松尾清憲/国吉良一

    3.真冬のデイト 竹内まりや/竹内まりや/国吉良一

    4.Kiss Me Tonight 安井かずみ/加藤和彦/鈴木茂

    5.ブルージン・ボーイ! 安井かずみ/加藤和彦/武部聡志

    B1.わたしは街のバレリーナ 安井かずみ/加藤和彦/武部聡志

    2.ちょっぴり・ボーイフレンド 安井かずみ/加藤和彦/鈴木茂

    3.Hey!Baby 竹内まりや/竹内まりや/鈴木茂

    4.トワイライト 鈴木博文/呉田軽穂/国吉良一

    5.恋の祈り 安井かずみ/呉田軽穂/国吉良一

    11.秘密のダイアリー 安井かずみ/加藤和彦/武部聡志

    12.ふられて・フーフー 安井かずみ/加藤和彦/国吉良一

    13.九月のERI 秋元康/松尾清憲/鈴木茂

    14.サマータイム・グラフィティ 湯川れい子/加藤和彦/国吉良一

  • 『嘆きのプリマドンナ』BGM/VICTOR LP:RHL-8482/CD:R32H-1065/CT:RHT-8482 88.03.21

    1.Purple Train 岩里祐穂/上田知華/崎谷健次郎

    2.BlueEyesを抱きしめたい 佐藤純子/森下恵里/杉山TOM

    3.A Way of Escape 森下恵里/森下恵里/林有三

    4.テーブルクロス 佐藤純子/松藤英男/杉山TOM

    5.Blind Date-真夜中の恋人- 岩里祐穂/上田知華/杉山TOM

    6.MAMAはナーバス 岩里祐穂/上田知華/中村哲

    7.High Time To Love 上田知華・Glico/上田知華/杉山TOM

    8.聴かせてWorry 森下恵里/森下恵里/林有三

    9.無邪気になりたい 岩里祐穂/上田知華/中村哲

    10.アイスキャンディー・ベイビー 岩里祐穂/和泉常寛/崎谷健次郎

    11.Good Day,My Time 森下恵里/森下恵里/杉山TOM

    12.嘆きのプリマドンナ 佐藤純子/GeorgeA.Fisher/杉山TOM

森下恵理
森下 恵理(もりした えり、本名:登恵里、1967年8月6日 - )は日本のシンガーソングライター、タレント。 北海道札幌市出身。1981年、中学2年の時芸映の主催した「HIDEKI(西城秀樹)の弟妹募集!!全国縦断新人歌手オーディション」にて応募総数55460名の中から準優勝となる。松本伊代のヒット曲「センチメンタル・ジャーニー」を本選で歌い、サビの歌詞「伊代はまだ16だから」を一部変え「恵理はまだ14だから」と歌い、審査員の票を多く獲得したが、西城秀樹が石川秀美を強力にプッシュしたため準優勝にとどまった。 このオーディションがきっかけでスカウトされ、RVC(現BMG JAPAN)より、1985年6月21日、加藤和彦プロデュースによるシングル「ブルージン・ボーイ!」でデビュー。オリコンのウィークリーチャート最高位29位を記録し、当時弱小事務所に所属しながら大健闘な成績だった。キャッチフレーズは『齧じってごらん、エキゾチック・フルーツERI』。王道のアイドル路線で、新人賞レースや雑誌で売り出された。同期のアイドルだった本田美奈子、中山美穂、網浜直子、井森美幸らと親交があった。

(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました