70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

名犬ジョリィ

名犬ジョリィ
@NHK
コメント

放映:81.04.07~82.06.22
原作:セシル・オウブリ(原作名-アルプスの村の犬と少年/スペイン作家)
制作:東宝・ビジュアル80
放送局:NHK
話数:52話

フランスとスペインの国境をわけるピレネー山脈の農場で生まれたピレネー犬のジョリィ。ちょうど同じ日、ピレネー山脈にある峠に一人の女が現れ、生まれたばかりの男の子を山小屋の主人セザルじいさんに預け立ち去りました。セザルじいさんはその男の子をセバスチャンと名づけ、息子のジャン、娘のアンジェリーナにも増して可愛がりました。

一方、人間からひどい仕打ちを受け飼い主の元を逃げ出したジョリィは、様々な誤解から“白い魔犬”と呼ばれ、人々が恐れる野犬となってしまいました。
そして追っ手から逃げていたジョリィは、ピレネー山脈で7歳に成長したセバスチャンと出会ったのです。心を通じ合ったジョリィは共に旅に出ます。それは幾多の出会いと別れ、そして困難を乗り越え、生き別れた母を捜し求める旅路でした。

  1. 走れ! ピレネーに向かって
  2. 避難小屋の謎
  3. 岩山の一夜
  4. 運命の大跳躍
  5. 密輸小屋からの脱出
  6. 危機救う小さな手
  7. 犬嫌いの刑事
  8. 夕陽の大滝下り
  9. さよならの贈り物
  10. 牧場の泥棒退治
  11. 崩れ古城の大冒険
  12. 替え玉大作戦
  13. 星空のシャンデリア
  14. 勇気ある捜索
  15. 銀行ギャングの友情
  16. おじいさんの海
  17. 陸に上がった幽霊船
  18. 逃げ出せ初航海
  19. 幽霊の棲む古城
  20. 幽霊の逆襲
  21. 人さらいのわな
  22. 決死の非常線突破
  23. 名判事のたくらみ
  24. ママを知ってる手品師
  25. 走れ!ママのもとに
  26. スカーフに託した再会
  27. 炎の中の魔犬
  28. 小さな親方大活躍
  29. 運命の単線列車
  30. くさりのままの逃亡
  31. 濁流をこえて
  32. ママの写真
  33. うらぎったジョリィ
  34. もどれ、僕の手に
  35. 鬼警部と美人飛行士
  36. 猛毒がひそむほら穴
  37. 飛べ! 希望の空へ
  38. ママはやっぱり素敵だな
  39. シェラ・ネバダの悪い水
  40. ボーレア・ドーラの恐怖
  41. ジョリィ奪回作戦
  42. よみがえった友情
  43. ピレネー超特急
  44. おかしな大列車作戦
  45. 誕生パーティーで脱出作戦
  46. ピレネー大岸壁
  47. 大嵐の前ぶれ
  48. 嵐の中の再会
  49. 悪魔の回廊大なだれ
  50. うたがい晴れて
  51. ママの決心
  52. ピレネーの青い空
名犬ジョリィ
『名犬ジョリィ』(めいけんジョリィ)は、日本のテレビアニメ。 フランスの元女優セシル・オーブリー(セシル・オウブリ)の文学作品『ベルとセバスチャン Belle et Sébastien (邦訳題: アルプスの村の犬と少年)』を原作として作成したテレビアニメ。1981年4月7日から1982年6月22日までNHK総合にて放映された。全52話。本作品放送直前の1981年3月31日に「名犬ジョリィがやってくる」が放送された。 原作小説のタイトルを見て分かる通り、元々の犬の名は「ベル」であり、またメスである(BelleもJolieも「美しい」という意味だが、jolieは形容詞にしかならないのに対し、belleは冠詞を付ければ名詞にもなるため、名前としてはBelleのほうが普通である。形容詞beauの女性形がbelleであるため、雌犬であることが分かる) が、日本でのアニメ作成に際して「ジョリイ」と改名された。フランスでの放映は原作小説のタイトルのまま Belle et Sébastien とされる。

(by SimpleAPI:WikipediaAPI)




情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました