牧野美千子(まきのみちこ)ディスコグラフィ

牧野美千子(まきのみちこ)ディスコグラフィ

1964年10月3日生まれ(54歳)、埼玉県浦和市(現・さいたま市)出身。1984年、特撮ヒーロー「超電子バイオマン」で女優デビュー。

シングル

  • 「テラスで Day Dream」東芝EMI EP:TP-17752 85.08.22

    テラスで Day Dream 岡田冨美子/沢健一/沢健一

    Take A Chance 岡田冨美子/沢健一/沢健一

アルバム

  • GRAVUREグラビア』東芝EMI LP:TP-40202 85.

    ※ミニアルバム 。

    A1.テラスで Day Dream 岡田冨美子/沢健一/沢健一

    2. 涙のラブソング 岡田冨美子/沢健一/沢健一

    B1. MR.JOKER 岡田冨美子/沢健一/沢健一

    2.Take A Chance 岡田冨美子/沢健一/沢健一

牧野美千子
牧野 美千子(まきの みちこ、1964年10月3日 - )は、埼玉県出身の元タレント。実践女子大学卒業。特技はモダンバレエ、琴の演奏、陸上競技(ハードル走)。 来歴・人物 大学在学中に「ミス実践」に選ばれたことがきっかけでモデルとして活動を始め、『週刊朝日』の表紙などで活躍後1984年の特撮ドラマ『超電子バイオマン』(テレビ朝日系)で女優デビュー。バイオマンの話が来た時、牧野は子供番組と聞いて「おかあさんといっしょ」のような、子供を相手にするおねえさんの仕事だと思い、特撮アクション番組だとは全く思っていなかった。当時から両親には芸能界入りを猛反対されていたが、子供番組ということでやや強引に出演を許してもらっていたという。その後は主に雑誌のグラビアやテレビ番組のリポーター、歌手等で活動したが、直後に引退・結婚。 2009年8月の特撮イベント「赤祭7」で23年ぶりに公の場に登場。読売新聞及び「科学戦隊ダイナマン」に出演した萩原佐代子の公式ブログによれば、現在は築地場外市場にある佃煮屋「諏訪商店」で女将をしており、国内外の特撮ファンが時折訪れるという。

(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました