70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

機甲創世記モスピーダ

機甲創世記モスピーダ
@タツノコプロ

放映:83.10.02~84.03.25
制作:フジテレビ・タツノコプロ・アニメフレンド
放送局:フジテレビ系
話数:25話

オートバイからパワードスーツへと変形するメカが大活躍するロボットアニメ。

西暦2080年、正体不明の異性人インビットの侵略により、地球はすでに人類のものではなくなっていた…

異星生命体に占領された地球を取り戻すため、敵の拠点レフレックス・ポイントを目指す若者たちの戦いの旅。パワードスーツにもなるバイク「ライドアーマー」や、三段階変形の戦闘メカ「レギオス」など、洗練されたメカニックの数々も魅力な、ロードムービー的青春群像劇。

  1. 襲撃のプレリュード
  2. 失恋少女のマーチ
  3. 真昼の決闘コンサート
  4. 気分はサバイバル・ソング
  5. ライブ・イン・強奪作戦
  6. 突ッ張り少女ブルース
  7. 亡き勇者のラグタイム
  8. ジョナサンのエレジー
  9. ロスト・ワールド遁走曲
  10. 戦場の鎮魂歌
  11. 遠い希望のララバイ
  12. 要塞突破ブギ
  13. 砂嵐プレイバック
  14. ミントの結婚行進曲
  15. 仲間割れのバラード
  16. トラップ・レゲエ
  17. 白夜のセレナーデ
  18. 老兵たちのポルカ
  19. 氷河都市のフォルテ
  20. 夜空のバースディ・ソング
  21. 殺しのアルペジオ
  22. N・Y・ビーバップ
  23. 黒髪のパルティータ
  24. 闇のフィナーレ
  25. 光のシンフォニー
機甲創世記モスピーダ
『機甲創世記モスピーダ』(きこうそうせいきモスピーダ、Genesis Climber MOSPEADA)は、1983年10月2日から1984年3月25日まで、フジテレビ系列で放送されたタツノコプロ、アニメフレンド制作のテレビアニメ。全25話。 作品概要 タツノコプロがアートミックと共同で、企画・制作した作品。個性的なキャラクターたちと、目的地をめざしての道中で出会う様々な人々や出来事を描くロードムービー的なストーリー、異星生物による地球占領という最悪のファーストコンタクトなど独自色の高い一作だった。 柿沼秀樹によると、当初は機械化歩兵の話だったという。しかし本作のスポンサーに今井科学が決まったことで、今井が当時ヒットさせていた『超時空要塞マクロス』のバルキリーと同様の、可変戦闘機を出すことを要求された。そのため、三段変形する可変戦闘攻撃機 レギオスが主役級メカニックとして登場する事となった。さらに、それ以外の新しい変形メカも要求された。柿沼によると「別企画の『テクノポリス21C』みたいな未来警察物の変形オートバイをアートミックの鈴木敏充が本作のプレゼンテーションに持っていったと思う」とのこと。

(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

 


情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました