70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

重戦機エルガイム

重戦機エルガイム
@サンライズ

放映:84.02.04~85.02.23
原作:矢立肇・富野由悠季
制作:日本サンライズ
放送局:名古屋テレビ系
話数:54話

1984年1月28日に前夜祭 エルガイム・スペシャル放映。

ペンタゴナという太陽系の辺鄙な惑星コアムの若者、ダバ・マイロードとミラウー・キャオ、それに盗賊から寝返ったファンネリア・アムと有翼人リリス・ファウたちが、巨大ロボットのヘビーメタル・エルガイムを操りながら数々の出会いのなかで成長しつつ、ペンタゴナを独裁統一しているオルドナ・ポセイドナへ立ち向かっていく物語が展開する。
サブキャラクターや多数登場するヘビーメタル、キャラクターデザイン担当の永野護による漫画『ファイブスター物語』ともリンクする壮大な設定の舞台と、今でもまったく色褪せない魅力をもつ作品である。

  1. ドリーマーズ
  2. スキャンダル・P(プリャーモ)
  3. カミング・マン
  4. ザ・コネクション
  5. エスケープ・ラン
  6. シー・ジャック
  7. スクランブル
  8. ヤーマン・クラン
  9. アーミィ・ベース
  10. タイム・リミット
  11. ジェラシー・ゲーム
  12. ディコイ・ディコイ
  13. コンタクト
  14. レディ・ポセイダル
  15. プライド
  16. ブロークン・ハート
  17. ライム・ライト
  18. ガストガル・デモ
  19. ゴーアンドカム
  20. スター・ダスト
  21. ザ・テンション
  22. クワサン・オリビー
  23. ゼネラル・クロソ
  24. アスフィー・ハート
  25. ラブ・アゲイン
  26. サーチII
  27. ミステイク・ラブ
  28. ネイ・クライシス
  29. クロス・ポイント
  30. アワ・マスター
  31. キャッチ・ウォー
  32. フラッシング・ネイ
  33. マイ・アース
  34. レッシィ・マインド
  35. ペリル・ミッション
  36. オールド・ソルジャー
  37. オリビー・クライシス
  38. エスケープ・ギワザ
  39. ザ・オーメン
  40. フル・フラット
  41. スパイ・イン・スパイ
  42. ヤング・パッション
  43. レディ&ガール
  44. ピカレスク・ギワザ
  45. リリス・メモリー
  46. クワサン・ウェイブ
  47. ボーイズ・ボーイズ
  48. ファースト・アタック
  49. レディ・キラー
  50. エキサイト・アム
  51. マイ・ラブ
  52. ファイナル・タイム
  53. ザ・ディクテイター
  54. ドリーマーズ・アゲイン
重戦機エルガイム
『重戦機エルガイム』(じゅうせんきエルガイム、Heavy Metal L-Gaim)は、1984年2月4日から1985年2月23日まで、名古屋テレビを制作局として、テレビ朝日系列にて毎週土曜17:30 ‐18:00(JST)に全54話が放映された日本サンライズ(後のサンライズ)制作のロボットアニメである。 後にOVAや、渡邊由自によるノベライゼーション、池原しげとによる漫画化作品(コミックボンボン連載)および、白石琴似による再構成漫画『UNDER THE SUNS』(一迅社刊)が刊行されている。 作品解説 『聖戦士ダンバイン』の後番組として制作され、監督は引き続き富野由悠季が務めた。若手スタッフを積極的に登用し、湖川友謙率いるビーボォーに所属していた北爪宏幸や大森英敏など、制作当時の20代アニメーターを中心にスタッフ編成がなされた。中でも当時23歳だった新人デザイナーの永野護は、日本サンライズ制作のロボットアニメとしては初のキャラクターデザインとメカニックデザインの両方を担当するという大抜擢を受けた。

(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

 


情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました