70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

イナズマン

イナズマン
@石森プロ・東映

明朗活発で、正義感にあふれる東南大学3年生の渡五郎は、ある夜、新人類帝国ファントム軍団のイツツバンバラに襲われていたサトコとカツミを助けたことから、新人類に対抗する超能力者組織「少年同盟」の存在を知った。
五郎は少年同盟の盟主キャプテン・サラーによって超能力開発訓練を受け、自分の内に秘められた超能力による人類救済のための戦いを決意する。五郎は「剛力招来」と唱えることによりサナギマンに変転。さらにサナギマンの状態でエネルギーを蓄え「超力招来」と唱えることにより超人・イナズマンに二段変身をとげる。
最愛の母との再会、そして死別を乗り越え、悪の帝王・バンバに対して戦いを挑むのだった。

イナズマン

放映:73.10.02~74.03.26
原作:石森章太郎
音楽:渡辺宙明
制作:NET(現・テレビ朝日)、東映
放送局:NET系
話数:25話

劇場版映画
飛び出す立体映画イナズマン(73.03.16公開)

渡五郎、サナギマン(声)、イナズマン(声):伴直弥
丸目豪作:北村晃一
大木サトコ:桜井マリ
大木カツミ:山田芳一
富川カオル:府川房代
帝王バンバ(声):飯塚昭三

ナレーター:村越伊知郎

主題歌
  • ※括弧内は歌唱歌手。「戦えイナズマン」はOPテーマ。「チェスト!チェスト!イナズマン」はEDテーマ。

    戦えイナズマン (子門真人) 石森章太郎/渡辺宙明/渡辺宙明

    チェスト!チェスト!イナズマン (水木一郎) /渡辺宙明/渡辺宙明

    揮えゼーバー イナズマン (水木一郎) 田中守(平山亨)/渡辺宙明/渡辺宙明

    平和の戦士サナギマン (水木一郎) 島田真之/渡辺宙明/渡辺宙明

    少年同盟隊歌 (コロムビアゆりかご会) 高久進/渡辺宙明/渡辺宙明

    怒れライジンゴー (水木一郎) 田中守/渡辺宙明/渡辺宙明

    帝王バンバのテーマ (こおろぎ’73) 加戸木貢/渡辺宙明/渡辺宙明

    五郎の歌 (水木一郎) 石森章太郎/渡辺宙明/渡辺宙明

    イナズマンの子守歌 (水木一郎) 伊賀正雄/渡辺宙明/渡辺宙明

    イ・ナ・ズ・マ・ンの歌 (コロムビアゆりかご会) 赤井圭/渡辺宙明/渡辺宙明

    戦えイナズマン(Another Version) (子門真人) 赤井圭/渡辺宙明/渡辺宙明

放映No.サブタイトル放送日登場怪人脚本監督
1.恐怖の新人類 バンバの挑戦 !!1973.10.2イツツバンバラ伊上勝田口勝彦
2.危うし少年同盟! 呪いの水!1973.10.9ミズバンバラ伊上勝山田稔
3.黒い死を呼ぶファントム地獄!1973.10.16コブバンバラ高久進田口勝彦
4.日本列島大爆発 !!1973.10.23ホネバンバラ島田真之山田稔
5.大空中戦!かみつくライジンゴー !!1973.10.30カゼバンバラ高久進山田稔
6.怪奇ユキバンバラ!新人類手術 !!1973.11.6ユキバンバラ伊上勝山田稔
7.奇怪! 空飛ぶ一ツ目!?1973.11.13ヒャクメバンバラ伊上勝塚田正煕
8.恐怖砂あらし! 大空港沈没 !!1973.11.20スナバンバラ高久進塚田正煕
9.光るカビは夜歩く !!1973.11.27カビバンバラ伊上勝田口勝彦
10.人喰いガスの恐怖 !!1973.12.4ガスバンバラ島田真之田口勝彦
11.バラバンバラはイナズマンの母1973.12.11バラバンバラ石森章太郎、島田真之石森章太郎
12.母の敵バンバ対イナズマン1973.12.18アクマバンバラ島田真之山田稔
13.傷ついたイナズマン1973.12.25アブラバンバラ高久進塚田正煕
14.怒りのライジンゴー 大空中戦 !!1974.1.1キリバンバラ高久進山田稔
15.影をくわれたお母さん1974.1.8カゲバンバラ島田真之塚田正煕
16.約束に向かって走れ!1974.1.15トゲバンバラ高久進塚田正煕
17.謎の対決!ふたりの渡五郎 !!1974.1.22シャシンバンバラ上原正三塚田正煕
18.友情のイナズマ落し !!1974.1.29ドクバンバラ高久進山田稔
19.謎の殺人ボクサー ミラーX?1974.2.5カガミバンバラ上原正三山田稔
20.星円盤を追え! ライジンゴー !!1974.2.19ホシバンバラ曽田博久塚田正煕
21.渡五郎 イナズマン死す !?1974.2.26タケバンバラ上原正三塚田正煕
22.歩く土人形 恐怖の大地割れ !!1974.3.5ツチバンバラ島田真之山田稔
23.呪いのえのぐが人を溶かす1974.3.12エノグバンバラ平山公夫山田稔
24.謎のロボット戦士?1974.3.19イシバンバラ、ウデスパー上原正三塚田正煕
25.壮烈! 帝王バンバの最期 !!1974.3.26火炎ファイター、ウデスパー上原正三塚田正煕
イナズマン
『イナズマン』は、1973年(昭和48年)10月2日から1974年(昭和49年)3月26日までNET系で毎週火曜日19時30分から20時00分に全25話が放送された、石森章太郎原作東映製作の特撮テレビ番組。また、それに登場する架空のヒーロー。 本作が放映された当時は超能力やUFOなどのオカルトものが一大ブームを起こしており、主人公が超能力者、主人公に協力する「少年同盟」も超能力を持つ少年少女によって構成されている、など本作にも随所にそれらの要素が盛り込まれている。 主人公はサナギマンからイナズマンへの二段変身能力を持っているが、これは蛹から蝶への羽化からイメージされたものである。イナズマンのデザインは蝶をモチーフとしているが、これは蝶と超能力者をかけた言葉遊びからのアイデアであると言われている。 制作経緯 本作は1972年、東映動画の旗野義文(『サイボーグ009』などのプロデューサー)が立案したアニメーション企画『ミュータントZ』が源流である。
イナズマンF
『イナズマンF』(イナズマン フラッシュ)は、1974年(昭和49年)4月9日から同年9月24日までNET系列で、毎週火曜日19時30分から20時00分に全23話が放送された、NET・東映制作の特撮テレビドラマ。 本作は 『イナズマン』の第3・4クールに相当する。シナリオナンバーも『イナズマン』からの通し番号になっている。よって本作の第1話は前作の最終回の続きから始まっている。しかし、いわゆる「変身ヒーロー」が活躍する子供向け特撮アクションドラマが、作品の乱立によって衰退に向かいつつあった当時の状況下、『イナズマン』もスタッフの意気込みとは逆に低視聴率に苦しんだことから、本作は『イナズマン』の第2クールまでとは大きく方向性を変えている。 方向性変更の中心となったのは、東映側のサブプロデューサーだった加藤貢である。これがプロデューサーとして最初の作品だった加藤は、低視聴率の原因やその打開策について、助監督の長石多可男をはじめとする若手スタッフとの間で意見を交換していた。
イナズマンVSキカイダー
『キカイダー02』より : 『キカイダー02』(キカイダーゼロツー)は、石ノ森章太郎原作、MEIMU作画の漫画作品。 石ノ森章太郎の漫画作品『人造人間キカイダー』のリメイク版。キャラクターや設定は大幅にアレンジされており、また物語も大まかな流れは原作とほぼ同じであるが、全体的にホラー性があり、世代的には完全に高年齢を対象にしていると思われる。主人公のジローが主点ではなく、ヒロイン・ミツコからの視点が中心となっている。また今作ではこれまで名前だけの存在に等しかった光明寺家の長子、一郎にスポットが当たっているのも特徴である。 かなり壮大な物語を思わせる展開(環境問題など)で月刊エースネクスト2000年9月号より連載を開始するが、同誌の休刊後月刊少年エース、エース特濃など掲載紙を転々とし、休載期間を経た後『イナズマンVSキカイダー』を特撮エース1号から11号まで描き、12号から17号(休刊号)にかけて再び連載され完結した。

(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

 



情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました