70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

ガールズ(がーるず)ディスコグラフィ

野良猫

1977年に結成したGIRLS。日本の女性バンドの草分け的存在。
メンバーは、ジニー(立岡安佐美、Bass)、イリア(奥野敦子、Lead guitar)、リタ(野元貴子、Vocal)、レナ(井戸一江 、Side guitar)、サディ(坂野修子、Drums)で、それぞれの愛称の頭文字をとって「GIRLS」に命名。
1979年に解散し、イリアは近田春夫&BEEF→ジューシィ・フルーツに、リタはピンナップスに加入。

シングル

  • 「野良猫」PHILIPS EP:FS-2051 77.04.25

    ※「チェリー・ボンブ」はザ・ランナウェイズ(The Runaways)「Cherry Bomb」(1976年)のカバー。

    野良猫 鳴海昌明/小田裕一郎/矢野誠

    チェリー・ボンブ 日本語訳:鳴海昌明、Joan Jett, Kim Fowley/Joan Jett, Kim Fowley/-

  • Punky Highschool Loveパンキー・ハイスクール・ラブ」PHILIPS EP:FS-2701 77..

    パンキー・ハイスクール・ラブ 鳴海昌明/小田裕一郎/荒谷憲一

    キャッツ・アイ 鳴海昌明/井上鑑/井上鑑

  • LOVE JACKラブ・ジャック」PHILIPS EP:FS-2097 78..

    LOVE JACK 大野真澄/柳田ヒロ/柳田ヒロ

    Flying Fridayフライング・フライデイ 康珍化/井上鑑/井上鑑

アルバム

  • 『野良猫』PHILIPS LP:S-7016 77..

    ※「ツッパリのエンジェルガールズ・ファーストアルバム 世界を目指す“ガールズ・サウンド”登場!!」「イン・ザ・フレッシュ」はブロンディ(Blondie)「In the Flesh」(1976年)のカバー。「ホンキー・トンク・ウィメン」はローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)「Honky Tonk Women」(1969年)のカバー。「チェリー・ボンブ」はザ・ランナウェイズ(The Runaways)「Cherry Bomb」(1976年)のカバー。「ハード・ラック・ウーマン」はキッス(KISS)「Hard Luck Woman」(1976年)のカバー。「ジョニー・B・グッド」はチャック・ベリー(Chuck Berry)「Johnny B. Goode」(1958年)のカバー。CD発売:(PHILIPS/PHCL-8040/94.06.25)、CD再発:(クノ一レコード/UPCH-20038/07.09.12)

    A1.野良猫 鳴海昌明/小田裕一郎/矢野誠

    2.恋は不思議な味 鳴海昌明/井上鑑/井上鑑

    3.北口通り 鳴海昌明/井上鑑/荒谷憲一

    4.怪盗X号 鳴海昌明/井上鑑/井上鑑

    5.殺人事件 鳴海昌明/井上鑑/荒谷憲一

    6.キッスでさよなら 鳴海昌明/井上鑑/井上鑑

    B1.イン・ザ・フレッシュ (IN THE FLESH) Deborah Harry, Chris Stein/Deborah Harry, Chris Stein

    2.ホンキー・トンク・ウィメン (HONKY TONK WOMEN) Mick Jagger, Keith Richards/Mick Jagger, Keith Richards

    3.チェリー・ボンブ (Cherry Bomb) Joan Jett, Kim Fowley/Joan Jett, Kim Fowley

    4.トリビアル・マターズ (TRIVIAL MATTERS) (Instrumental) -/村上寛

    5.ハード・ラック・ウーマン (HARD LUCK WOMEN) Paul Stanley/Paul Stanley

    6.ジョニー・B・グッド (JOHNNY B. GOODE) C.Berry/C.Berry

  • Punky Kissパンキー・キッス』PHILIPS LP:S-7027 77..

    ※「オー!ダーリン」はビートルズ(The Beatles)「Oh! Darling」(1969年)のカバー。「金曜日」はスージー・クアトロ(Suzi Quatro)「Friday」(1974年)のカバー。「スーパー・カーでぶっ飛ばせ」はザ・ランナウェイズ(The Runaways)「All Right You Guys」(1977年)のカバー。「旅立てジャック」はレイ・チャールズ(Ray Charles)「Hit The Road Jack」(1961年)のカバー。「夜霧のX オフェンダー」はブロンディ(Blondie)「X Offender」(1976年)のカバー。「陽気なぶすモーリー」はリトル・リチャード(Little Richard)「Good Golly, Miss Molly」(1958年)のカバー。「シーナはパンク・ロッカー」はラモーンズ(Ramones)「Sheena Is A Punk Rocker」(1977年)のカバー。CD発売:(クノ一レコード/UPCH-20039/07.09.12)

    A1.キャッツ・アイ (Cat’s Eye) 鳴海昌明/井上鑑/井上鑑

    2.パンキー・ハイスクール・ラブ (Punky Highschool Love) 鳴海昌明/小田裕一郎/荒谷憲一

    3.オー!ダーリン (Oh! Darling) Lennon-McCartney/Lennon-McCartney/荒谷憲一

    4.金曜日 (Friday) Suzi Quatro, Len Tuckey/Suzi Quatro, Len Tuckey/荒谷憲一

    5.ガールズ・ユア・ハート (Girls Your Heart) (Instrumental) -/荒谷憲一/荒谷憲一

    B1.スーパー・カーでぶっ飛ばせ (All Right You Guys) B. Willingham, D. Fay/B. Willingham, D. Fay/荒谷憲一

    2.旅立てジャック (Hit The Road Jack) Percy Mayfield/Percy Mayfield/荒谷憲一

    3.夜霧のX オフェンダー (X Offender) Gary Valentine, Deborah Harry/Gary Valentine, Deborah Harry/荒谷憲一

    4.陽気なぶすモーリー (Good Golly, Miss Molly) John Marascalco, Robert “Bumps” Blackwell/John Marascalco, Robert “Bumps” Blackwell/荒谷憲一

    5.シーナはパンク・ロッカー (Sheena Is A Punk Rocker) Joey Ramone/Joey Ramone/荒谷憲一

 




情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました