70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

コスミック・インベンション(こすみっく・いんべんしょん)ディスコグラフィ

コスミック・インベンション(こすみっく・いんべんしょん)ディスコグラフィ

小中学生によるテクノポップバンド。
楽器メーカー、ファーストマン創業者の森岡一夫が楽器のデモを兼ねて、娘の森岡みまを中心に結成。
YMOの武道館公演のオープニングアクトを務め、「YMOジュニア」と言われた。メンバーは森岡みま(1967年2月4日生まれ(52歳)、兵庫県神戸市出身。ドラム&ボーカル、2016年に音楽活動再開)、井上能征(1966年7月18日生まれ(53歳)、東京都出身。トップキーボード、作曲家の現・井上ヨシマサ)、佐藤克巳(セカンドキーボード)、橋本かんな(ベースキーボード)、安藤聖己(ストリングス・オーケストラ、1981年脱退)。

シングル

  • 「YAKIMOKI」VICTOR EP:SV-7091 81.03.05

    ※「コスミック・ファンタジー」はインストルメンタル。小田啓義は「ジャッキー吉川とブルー・コメッツ」メンバー。

    YAKIMOKI 星川スナヲ・くら美あきら/小田啓義/小田啓義

    コスミック・ファンタジー -/小田啓義/小田啓義

  • 「ちょっとホントあとはウソ」VICTOR EP:SV-7139 81..

    ちょっとホントあとはウソ 近田春夫/小田啓義/小田啓義

    SPACE FIGHTING コスミックインベンション/小田啓義/小田啓義

  • 「プラトニック学園」VICTOR EP:SV-7234 82.07.21

    プラトニック学園 近田春夫/細野晴臣/細野晴臣

    コズミック・サーフィン 近田春夫/細野晴臣/細野晴臣

アルバム

  • 『COSMORAMA』VICTOR LP: 81.08.21

    ※「ひこうき雲」は志賀真理子が86年にリメイク。「コンピューターおばあちゃん」はNHK「あなたのメロディー」入選曲で、酒井司優子が81.12.01にリメイク。CD発売:(VICL18154/94.12.01)はVICTORの定番シリーズの一枚。

    1.SPACE FIGHTING コスミックインベンション/小田啓義/小田啓義

    2.愛 Love Come On 柴山俊之/小田啓義/小田啓義

    3.ちょっとホントあとはウソ 近田春夫/小田啓義/小田啓義

    4.ゆでたまごちゃん 近田春夫/近田春夫/小田啓義

    5.YAKIMOKI 星川スナヲ・くら美あきら/小田啓義/小田啓義

    6.コンピューターおばあちゃん 伊藤良一/伊藤良一/小田啓義

    7.Trouble 井上能征/小田啓義/小田啓義

    8.Little Darling 松本隆/小田啓義/小田啓義

    9.Cosmic Fantasy 星川スナヲ/小田啓義/小田啓義

    10.ひこうき雲 谷山浩子/小田啓義/小田啓義

    11.それはシークレット 日時裕和・近田春夫/井上能征/小田啓義

コスミック・インベンション
コスミック・インベンションは1980年代初頭の日本のテクノポップバンド。 1979年結成、1982年解散。 かつて国内にあった電子楽器メーカ、ヒルウッド/ファーストマンの創業者 森岡一夫が、自身の娘である森岡みまを中心に彼女と同年代の少年少女を集めて結成したバンドである。 主に「YMOジュニア」という位置づけをなされ、結成当時メンバーが小中学生であることが話題となった。 1980年12月に行われた、YMOの日本武道館公演の前座を務めた。後に井上が、その時のために猛練習して来たパートがあったが、松武秀樹にそのパートはコンピューターで演奏すると言われたというエピソードを回顧している。この他、NHKの「レッツゴーヤング」などへのテレビ出演もあった。 メンバー 森岡みま(カッパ)(1967年2月4日 - ):ボーカル・ドラム 井上能征(ビーバー)(1966年7月18日 - ):トップキーボード YMO日本武道館公演の前座では、豊武能征として出演。

(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

 



情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました