70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

紅谷洋子(べにやようこ)ディスコグラフィ

紅谷洋子(べにやようこ)ディスコグラフィ
コメント

1957年9月8日生まれ(64歳)、愛媛県名古屋市中区出身。
三波春夫に付いて4年間、ステージマナーなど礼儀作法を学び、1981年に本名から「真咲よう子」に改名し、演歌歌手として再デビュー。

シングル

  • 「思春期」VICTOR EP:SV-1160 73.10.

    ※「思春期」は全国レコード商組合連合会推薦盤。

    思春期 千家和也/筒美京平/高田弘

    真赤なリボン 千家和也/筒美京平/高田弘

  • 「恋は1/2」VICTOR EP:SV-1169 74.

    恋は1/2 千家和也/鈴木邦彦/竜崎孝路

    恋の答えはいくつ 千家和也/鈴木邦彦/竜崎孝路

真咲 よう子(まさき ようこ、1957年9月8日 - )は名古屋市中区出身の演歌歌手である。本名:紅谷 洋子。堀越高等学校卒業。
1973年に、本名の紅谷洋子で「思春期」という曲でビクターよりデビュー。一応アイドル路線だったが、曲自体はポップスと演歌の中間のような中途半端なものだった(ビクターでは「ブルーライト・ヨコハマ」を歌っていたころのいしだあゆみの路線を狙っていたようである)。「恋は1/2」など、数曲のシングルを出すものの大ヒットまでは至らず休業状態となる。
その後、三波春夫の前歌を約2年間つとめたのち、1981年に日本クラウンより演歌歌手・真咲よう子としてデビュー。中堅の演歌歌手として活動を続けている。
多趣味で銭湯めぐり(銭湯検定3級所持)、箸置き、郵便局のスタンプコレクターなど。

さらに詳しく見る





情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました