70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

赤い嵐

赤い嵐
@TBS・大映

放映:79.11.30~80.03.28
放送局:TBS・大映
話数:18話
主題歌:柴田恭兵「5マイルアヘッド」
出演:能瀬慶子、柴田恭兵、淡島千景、松村達雄、大石吾朗、榊原るみ、石立鉄男、緒形拳

竹取物語の現代版。孤独な老夫婦と美しい娘がおりなすホームサスペンス。
警察官の大野真(柴田)は記憶喪失の女を保護。真は両親にその娘を預けるが、いつしか彼女を愛するようになっていった。

しかし謎を秘めた過去を持つ彼女にはつきまとう不審な影が…。記憶喪失の少女・小池しのぶ役の能瀬慶子と純情な真を演じた柴田恭兵の素朴で体当たりの演技が話題となった「赤いシリーズ」第8作。

赤い嵐
赤い嵐(あかいあらし)はTBSテレビ TBS系列で1979年11月30日~1980年3月28日に放送されたテレビドラマ。赤いシリーズの8作目。
警察官・大野真(柴田恭兵)は上野・不忍池で血まみれの娘(能瀬慶子)を発見した。娘は記憶喪失になっており、不憫に思った真は、「小池しのぶ」と仮の名をつけ、両親(淡島千景・松村達雄)の経営する豆腐屋に住み込ませる。記憶が戻らなくても健気なしのぶの姿に真は次第に魅かれていくが、そんな折、しのぶの周辺に謎の男・山根(緒形拳)が出没するようになる。山根の正体は刑事で、長野で起きた殺人事件の犯人を追っていた。殺されたのはしのぶの父で、しのぶの継母がすでに逮捕されていたが、山根はしのぶこそが真犯人だと確信して彼女を付け狙う。真はしのぶを連れ、真犯人を捜す旅に出るのだった。

(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

 


情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました