70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

冒険ファミリー ここは惑星0番地

冒険ファミリー ここは惑星0番地
コメント

地球人の島崎家・山田家・大井田家、計11人は突如、巨大な宇宙船に拉致されて、謎の惑星に不時着する。
彼らはサバイバル生活を続けながら、地球への帰還を目指す。

冒険ファミリー ここは惑星0番地

放映:77.09.06~78.01.24
原作:大堂勲
プロデューサー:平山了(東映)、阿部征司、松永英(大広)、吉津正(NET)、福富哲
音楽:菊池俊輔
制作:東映、大広、NET
放送局:NET(現・テレビ朝日)
話数:20話

ダブロンの声:加藤修
惑星人の声:納谷悟郎
ナレーター:太田淑子

キャスト
・島崎家
島崎敬太郎:原口剛
節子:小沢弘子
孝一郎:薄田拓巳
礼子:伊豆田依子
淳子:石川孝子

・大井田家
大井田五郎:今村広則
まさみ:伊藤つかさ

・山口家
山口大造:潮健志
春子:西川ひかる
ふとし:池田誠二
三平:長谷川誉

主題歌
  • ※括弧内は歌唱歌手。「ここは惑星0番地」はOPテーマ。「ぼくらは冒険ファミリーだ」はEDテーマ。

    ここは惑星0番地 (水木一郎、コロムビアゆりかご会) 八手三郎/菊池俊輔/菊池俊輔

    ぼくらは冒険ファミリーだ (水木一郎、コロムビアゆりかご会) 八手三郎/菊池俊輔/菊池俊輔

放映No.サブタイトル放送日脚本監督
1.不時着した宇宙船1977.9.6伊上勝田中秀夫
2.惑星に水はあるのか1977.9.13伊上勝田中秀夫
3.絶望の宇宙砂漠1977.9.20伊上勝広田茂穂
4.大発見!宇宙の卵1977.9.27伊上勝広田茂穂
5.宇宙ヘビからの脱出1977.10.4伊上勝田中秀夫
6.宇宙の沼は謎の沼1977.10.11伊上勝田中秀夫
7.ふしぎなクモの巣1977.10.18高久進田中秀夫
8.心をつなぐ宇宙パン1977.10.25安藤豊弘広田茂穂
9.まぼろしの救助船1977.11.1伊上勝広田茂穂
10.宙に浮かんだ淳子1977.11.8平山公夫田中秀夫
11.少年狩人 大てがら1977.11.15伊上勝田中秀夫
12.謎の七色の熱い砂1977.11.22高久進田中秀夫
13.涙のどろんこ作戦1977.11.29高久進田中秀夫
14.チビッコ宇宙戦争1977.12.6伊上勝広田茂穂
15.宇宙原始人の襲来 ?!1977.12.13伊上勝広田茂穂
16.恐怖の宇宙キノコ1977.12.20安藤豊弘広田茂穂
17.驚異の惑星大異変1977.12.27高久進田中秀夫
18.UFOがやってきた1978.1.10伊上勝田中秀夫
19.タイムトンネルの秘密1978.1.17伊上勝田中秀夫
20.惑星最後の日1978.1.24伊上勝田中秀夫
冒険ファミリー ここは惑星0番地
『冒険ファミリー ここは惑星0番地』(ぼうけんファミリー ここはわくせいゼロばんち)は、テレビ朝日の火曜日19:00-19:30枠において、1977年9月6日から1978年1月24日まで全20話が放送された特撮テレビ番組。 東映テレビ事業部が企画し、委託を受けた東映テレビプロダクションが制作。広告代理店は東映エージエンシーが担当し、提供スポンサーはタカトクトイスが主力を務めていた。 制作の背景にはアメリカの映画『アドベンチャーファミリー』のヒットがあり、設定などには『宇宙家族ロビンソン』からの影響も見られる。プロデューサーが『仮面ライダー』などで知られる平山亨のため、これまで平山作品に参加したスタッフ・キャストが多い。 裏番組にフジテレビの『サザエさん』の再放送やTBSの『飛べ!孫悟空』が存在したため視聴率は苦戦した。 本作のソフト化に関しては主題歌とエンディングの映像がLDとDVD版の 「東映TV特撮主題歌大全集2」 に収録されているのみであり、全20話分のDVDソフト化はされていない。 ストーリー 地球を観察研究するレバン星人は、地球人家族のサンプルをレバン本星に連れてゆく計画を実行に移した。

(by SimpleAPI:WikipediaAPI)





情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました