70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

多岐川裕美『酸っぱい経験』

多岐川裕美『酸っぱい経験』
発売日 1980.09.21
作詞 三浦徳子
作曲 小笠原寛
編曲 小笠原寛

続いてご紹介するのはメイクもバッチリ決まってる女優シンガー多岐川裕美のヒット曲『酸っぱい経験』。
S55年9月21日発売、オリコン最高位23位、売上16.8万枚。

作詞は三浦徳子。トマトジュースのCMに引っ掛けた“酸っぱさ”のお話。
多分年下であろう若い男を手玉に取る女。あなたと居るのが好きだけど、すっぱいあたしを想い出にしてくれと言ってのけ。って事はそうそう長く続くと思ってないわけで。でもこれで当時はコロリと行った男性も多かったのか。

作曲は小笠原寛。A-B-C-Cの2コーラスでスッキリした構成。曲短いです。
メジャーでPOPな8ビート。和声じゃなくて洒落たコード展開に合うメロディー。
アップテンポだけど16分で畳み掛けるようなところは無くゆったり聴こえます。

作曲と同じくアレンジは小笠原本人。ベースは歌謡曲なんだけど、リズム隊は松任谷正隆っぽいし、コード遣いもとてもお洒落で上品。
ギターのアルペジオの掻き鳴らされ具合も心地良く清涼感溢れてます。
ただメロもアレンジもサビからは違うんだけど、第一印象的に前年リリースされた研ナオコ×作詞・曲中島みゆき+石川鷹彦アレンジのあの曲に似てるかも…。

ボーカルは松坂慶子に続けと言わんばかりのお色気ムンムン系。ノンビブラートでちょっとウィスパー。音声処理もかなりなエフェクトぶり。
本人は歌うのお好きみたいでしたが、あくまでも女優の唄って感じ。
あとBメロの入りでわざと(?)テンポを外してるところが非常に気持ち悪いです。
最近こういう中堅女優さんのヒット曲も無いねェ。誰か凄いタイアップやんないかなぁ。
何はともあれこのヒットは本人には美味しい経験だったはず。

 heaven and earth
 


情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました