高田みづえ『花しぐれ』

高田みづえ『花しぐれ』
発売日 1978.03.05
作詞 松本隆
作曲 都倉俊一
編曲 都倉俊一

僕がシングルレコードを全部持っているのは復活を除くピンク・レディーと石川ひとみ・小泉今日子、そして安田成美(5枚しかないけど…)だけですが、次に多く持っているのはこの高田みづえです。「花しぐれ」は4枚目のシングルでオリコン最高位10位、売上18.5万枚でした。前3作の宇崎竜童作品から都倉俊一作品(作・編曲)へバトンタッチした1作目です。

Aメロはツタツタとバスドラとスネアを8分で刻むヘビメタいや「サウスポー」(同年同月リリース!)状態です。サビからタッタカタッタカ鼓笛隊状態になる次作の「パープルシャドウ」(1978.6.25)と共に平成の歌謡界では絶滅したと思われるアレンジが施されています。サビの終わりでは半音で飛び跳ねるメロが出てきますが、イントロや間奏でも使われ結構グルグルしてしまいます。
全体的にキャッチーに聞こえるのは、ブロック毎に同じ譜割を利用しながら変化を付けているからでしょう。倉田まり子・原真祐美(「決心」)等で一時代築いた?都倉氏のペンが光ります。南野陽子の「恥ずかしすぎて」以来ヒット曲ではお目にかからない気がしますが、何をしておられるのでしょうか?

作詞は松本隆で情景先行の内容です。サビのグルグル部分では「五月雨・春雨・長雨~」と似た物3連発を披露しており、「風立ちぬ」の「すみれ・ひまわり・フリージア~」と相通じるものを感じます。
1番で「わたし髪を切りすぎたの まるで男の子みたいよ」とベリーショートにパーマをあてた鳳啓介カットにした彼女が歌っていたのが懐かしい今日この頃です。

歌謡曲という言葉が似合う彼女ですが、大半のシングルをNM系のライターが占めています。そしてバーニングお得意のカバーが多いのも特徴です。演歌を歌いたかった彼女は大ヒット出したが為に夢果たせず、「ヴィーナス」止まりのバーニングの後輩・長山洋子が演歌に転向したのも皮肉な話です。
今では演歌じゃないPOPでもROCKでもない歌謡曲で大ヒット飛ばす人が見当たりませんが、誰か『高田みづえ+桑田佳祐』ぐらい斬新なプロデュースをしたら面白いと思うの「だけど…」(1977.7.25)(『高田みづえ 全曲集』高田みづえ、他)

 heaven and earth

情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました