70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

高部知子(たかべともこ)ディスコグラフィ

高部知子(たかべともこ)ディスコグラフィ
1967年8月25日生まれ(51歳)、東京都文京区出身。1982年、テレビ朝日バラエティ番組「欽ちゃんのどこまでやるの!?」で萩本家の三つ子“のぞみ・かなえ・たまえ”の長女のぞみ役としてレギュラー主演。同番組にて三つ子役の倉沢淳美、高橋真美の3人で「わらべ」を結成。
1983年には穂積隆信の家族内の非行問題をドラマ化したTBS「積木くずし~親と子の200日戦争」で主人公の不良少女役を好演。

1983年6月に写真誌「FOCUS」に、裸体を布団に包み、ベッドでタバコを吸っている写真(当時15歳)が掲載された。ニャンニャン事件といわれ、テレビ、ラジオ、CM全てを降板。
謹慎明けの1984年11月、シングル「雨の街」でソロデビュー。
精神保健福祉士として活躍。

シングル

  • 「雨の街」phonogram EP:7PL-175 84.11.01

    雨の街 岡村孝子/岡村孝子/萩田光雄

    ひらがなダンス イルカ/イルカ/萩田光雄

  • 「サングラスと少女」phonogram  EP:7PL-188  85..

    ※「サングラスと少女」はチェリオ「スィート・キッス」CMソング。

    サングラスと少女 松井五郎/小倉良/新川博

    ピンクの肖像 松井五郎/小倉良/新川博

アルバム

  • 『雨・ア・ガ・リ』phonogram LP:28PL-84 84.09.05

    ※「おやすみ」は谷山浩子のリメイク(「ラ・ラ・ルウ」(1984年)のB面「O YA SU MI」)。

    A1.11人の私-朗読- 高部知子/吉川忠英/萩田光雄

    2.雨の街 岡村孝子/岡村孝子/萩田光雄

    3.白いハイヒール 谷山浩子/谷山浩子/萩田光雄

    4.ひらがなダンス イルカ/イルカ/萩田光雄

    5.片想いはHAPPY気分 岡村孝子/岡村孝子/萩田光雄

    6.おやすみ 谷山浩子/谷山浩子/萩田光雄

    B1.そこに春が 大沢孝子/山川恵津子/萩田光雄

    2.気になるあいつ 大沢孝子/山川恵津子/萩田光雄

    3.青い嵐 大沢孝子/吉川忠英/萩田光雄

    4.白い仔犬 大沢孝子/吉川忠英/萩田光雄

    5.手の中の涙 芹沢類/玉置浩二/萩田光雄

    6.夢のメトロノーム 大沢孝子/吉川忠英/萩田光雄

高部知子
高部 知子(たかべ ともこ、1967年8月25日 - )は、日本の女優・タレント・精神保健福祉士。慶應義塾大学文学部哲学科(通信教育課程)卒業。東京福祉大学精神保健福祉士養成課程修了。浄土宗西山深草派教師。 来歴・人物 東京都生まれ。幼少期は病弱で、読書が趣味だった。一方で、読んだ書物の登場人物になりきって演技を試みる癖があった。 プロダクション(ボンド企画)にスカウトされ、1980年NHKのテレビドラマ『ガラスのうさぎ』でデビュー。1982年、テレビ朝日『欽ちゃんのどこまでやるの!?』で「萩本家の愛娘」3人で構成されたユニット「わらべ」の長女・のぞみを演じた。1983年には、穂積隆信の家族で実際に起きた非行問題をまとめたノンフィクションをドラマ化した『積木くずし〜親と子の200日戦争』で主人公・不良少女役を演じた。 ニャンニャン事件 人気絶頂の最中の1983年6月、高部がベッドで裸体に布団を掛けた状態で煙草を咥えた様子を捉えた写真が写真週刊誌「FOCUS」に掲載され、性行為疑惑と未成年喫煙疑惑が浮上(ニャンニャン事件)。

(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

 

情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました