70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

奥村チヨ

あ行

奥村チヨ『ごめんネ…ジロー』

ある意味、和製フレンチポップスの正解とも云える作品 "和製シルヴィ・バルタン"をキャッチフレーズに掲げ、昭和40年、直球勝負にバルタンのカバー「私を愛して」でデビューした奥村チヨであるが、第1弾は小ヒットに留まり、オリジナル作品と...
あ行

奥村チヨ『北国の青い空』

ベンチャーズらしからぬ"低エレキ度数"で曲の良さが表出 「ごめんネ…ジロー」でブレイクを果たした奥村チヨであるが、名は上げたもののヒット連発とはいかず、2年後に発売された「北国の青い空」で、ようやく再ヒットの陽の目を見た。 鳴りを潜...
あ行

奥村チヨ『恋の奴隷』

洗練されたサウンドと、屈折した官能の見事な融合 「北国の青い空」で久々にヒットを放った奥村チヨであるが、コレ以降、「涙いろの恋」(オリコン21位/11.3万枚)の小ヒットはあったものの、チャート上では再び低迷。 当時の歌謡曲歌手の...
あ行

奥村チヨ(おくむらちよ)ディスコグラフィ

1947年2月18日生まれ、大阪府池田市出身。1964年、高校在学中に小野薬品のドリンク剤「リキホルモ」のCMソングを歌い、スカウトされデビューのきっかけとなった。 1965年、「あなたがいなくても」「私を愛して」で鮮烈のデビュー。...
タイトルとURLをコピーしました