70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

SWAY(すうぇい)ディスコグラフィ

窓ガラスのへのへのもへじ
コメント
杉山加奈、堀部雅子の女性デュオ。
さそり座生まれの二人が中学2年(14歳)の時「さそり座」を結成。1984年10月、第28回ヤマハポピュラーソングコンテスト(通称ポプコン)に「窓ガラスのへのへのもへじ」で優秀曲賞を受賞し、1985年2月にレコードデビュー。
1986年9月、最後の開催となった第32回ポプコンで「おいでブランコリー」がジュニア金賞を受賞、1986年10月、第17回世界歌謡祭で金賞受賞。
  • 杉山加奈は1969年11月3日生まれ(50歳)、愛知県春日井市出身。作詞・作曲・ピアノ・ボーカル。4歳からピアノを習い、メロディーが浮かんできたのは5歳頃から。
  • 堀部雅子は1969年11月7日生まれ(50歳)、秋田県出身。メインボーカル。父親の仕事の関係で、北海道、東京、ニューギニア、名古屋などを転々。
  • 丸尾めぐみは7月16日生まれ、京都府京都市出身。作・編曲家・鍵盤楽器演奏家。

1990年に「さそり座」から「SWAYスウェイ」に改名。堀部が結婚引退し、1999年からはそれまでアレンジ、プロデュースとして参加していた「丸尾めぐみ」がメンバーに加入。
杉山が結婚後、タイへ移住。

シングル

  • 「窓ガラスのへのへのもへじ」POLYDOR EP:7DX-1359 85.02.25

    ※「さそり座」名義。「窓ガラスのへのへのもへじ」は第28回(1984年)ヤマハポピュラーソングコンテスト優秀曲賞受賞、コッキーポップ・オープニング曲(1984年)、歌詞はお風呂の窓に書いた“ヘノヘノモヘジ”が曇って、泣いたように見えたのをイメージ。

    窓ガラスのへのへのもへじ 杉山加奈/杉山加奈/森田雅彦

    なぐさめのリイベ 杉山加奈/杉山加奈/森田雅彦

  • 「おいでブランコリー」POLYDOR EP:7DX-1481 87.03.25

    ※「さそり座」名義。1986年は高校受験のため音楽活動休止、高校入学と同時に活動再開。「おいでブランコリー」は第32回(1986年)ヤマハポピュラーソングコンテスト ジュニア金賞受賞、第17回(1986年)世界歌謡祭金賞受賞。以降、大学受験のために一時活動を停止。

    おいでブランコリー 杉山加奈/杉山加奈/森田雅彦

    雨の日曜日 杉山加奈/杉山加奈/森田雅彦

  • 「ある日突然」TOKUMA/JAPAN CD:TKDA-30638 92.05.23

    ※以下、SWAY名義。「ある日突然」はフジテレビ系音楽バラエティ番組「うれしたのし大好き」EDテーマ。

    ある日突然 杉山加奈/杉山加奈/丸尾恵

    散歩 杉山加奈/杉山加奈/丸尾恵

  • 「太陽の下の一瞬」Forte Music(COLUMBIA) CD:FMDY-1005 94.01.21

    ※「太陽の下の一瞬」はアイドルグループの「一瞬しかない」(2019年)がカバー。

    太陽の下の一瞬 杉山加奈/杉山加奈/野口義修

    川べりの風景 杉山加奈/杉山加奈/丸尾めぐみ

  • 「風の子フータ」Forte Music CD絵本:FMDB-3003 94.08.21

    ※ストーリーから挿し絵、音楽のすべてをSWAY自身が手がけたCD絵本。春風の妖精フータの物語。

    風の子フータ 杉山加奈/杉山加奈/丸尾めぐみ

    草ぶえと麦わら帽子 杉山加奈/杉山加奈/丸尾めぐみ

  • 「手塚治虫/リボンの騎士」秋田書店(Forte Music) CD文庫:FMDB-3039 95.07.20

    ※手塚治虫原作「リボンの騎士」の絵本。強くさっそうとした王子に扮する心優しい王女サファイアの物語。CDにはふたつの歌を収録。「リボンの騎士」は唄:前川陽子/ルナ・アルモニコ。

    リボンの騎士 能加平/冨田勲/冨田勲

    まいごの心 ~at the Silent Forest~ 杉山加奈/杉山加奈/丸尾めぐみ

  • NOOBOWぬ~ぼ~」COLUMBIA EP:CODC-747 95.10.21

    ※「キライにならないで」はテレビ東京系「あにめあさいち」内アニメ「NOOBOW」OPテーマ。「ぬ~ぼ~のいちにち」は同イメージソング。

    キライにならないで 杉山加奈/杉山加奈/青木隆夫、丸尾めぐみ

    ぬ~ぼ~のいちにち 杉山加奈/杉山加奈/青木隆夫、丸尾めぐみ

  • 「ン・パカ・マーチ」KING CD:KIDA-157 97.10.22

    ※「ありのままに」はテレビ朝日系「夢のクレヨン王国」EDテーマで、唄:杉山加奈(なつめぐカナ)、東京少年少女合唱隊。「ン・パカ・マーチ」は同OPテーマで、唄:徳光由香。

    ン・パカ・マーチ 森林檎/有澤孝紀/有澤孝紀、外山和彦

    ありのままに 福永令三/杉山加奈/有澤孝紀、佐藤泰将

アルバム

  • CHIMEチャイム』TOKUMA/JAPAN CD:TKCA-30400 92.02.25

    ※以下、SWAY名義。1991年に高校時代に書きためた曲のデモテープを自主制作盤(株式会社シャングリア)としてCD化した作品のメジャーリリース盤(曲目が若干異なる)。「最後のシュート」は1987年12月~1988年1月度NHK「みんなのうた」放送曲。CT販促非売品:(TOKUMA/JAPAN/TKCA-30400/91.11.25)

    1.チャイムが鳴っても 杉山加奈/杉山加奈/丸尾恵

    2.風から生まれた 杉山加奈/杉山加奈/六川正彦、丸尾恵

    3.最後のシュート 杉山加奈/杉山加奈/丸尾恵

    4.霧の中で 杉山加奈/杉山加奈/丸尾恵

    5.モシモシ 杉山加奈/杉山加奈/六川正彦

    6.ある日突然 杉山加奈/杉山加奈/丸尾恵

    7.ふてくされた週末 杉山加奈/杉山加奈/六川正彦、丸尾恵

    8.羊飼いの夢 杉山加奈/杉山加奈/丸尾恵

    9.月の見える部屋 杉山加奈/杉山加奈/六川正彦

    10.散歩 杉山加奈/杉山加奈/丸尾恵

  • 『ほろ馬車』Forte Music(COLUMBIA) CD:FMCY-7035 94.03.21

    1.ミンミン蝉の夏 杉山加奈/杉山加奈/丸尾めぐみ

    2.幼なじみ 杉山加奈/杉山加奈/丸尾めぐみ

    3.すれ違った日 杉山加奈/杉山加奈/野口義修

    4.太陽の下の一瞬 杉山加奈/杉山加奈/野口義修

    5.イナイイナイ 杉山加奈/杉山加奈/丸尾めぐみ

    6.木々のすき間から 杉山加奈/杉山加奈/丸尾めぐみ

    7.潜水艦 堀部雅子/堀部雅子/丸尾めぐみ

    8.川べりの風景 杉山加奈/杉山加奈/丸尾めぐみ

    9.トッカン工事 杉山加奈/杉山加奈/丸尾めぐみ

    10.曇天のうつる池 杉山加奈/杉山加奈/丸尾めぐみ

    11.ほろ馬車 杉山加奈/杉山加奈/丸尾めぐみ

  • 『RETAIN』BluesCity Records CD:WBC-9909 99.05.20

    ※堀部雅子に代わり丸尾めぐみが加入。アレンジャー、プロデューサーとしてSWAYのサウンドを支えてきた丸尾めぐみをメンバーに迎え、活動を再開した新生SWAYのアルバム。

    Hello,FP-Trot

    冬きたりなば春とおから 杉山マリコ/杉山加奈

    素直なLoveSong 杉山加奈/杉山加奈

    Favorite Puzzle Kana&Megu曲/Megu

    水の惑星ほしにうまれて 杉山マリコ/杉山加奈

    ひとりとふたり 丸尾めぐみ/丸尾めぐみ

    港SCREEN 杉山加奈/杉山加奈

    帰れない道 杉山加奈/杉山加奈

    Bye-bye FP

SWAY (ポピュラーデュオ)
『SWAY』より : SWAY(スウェイ)は、1980年代後半から2000年代初め頃にかけて活動した日本の女性デュオである。 杉山加奈と堀部雅子の二人が当初「さそり座」の名で結成した。二人が中学2年生の時、自作曲「窓ガラスのへのへのもへじ」が第28回ヤマハポピュラーソングコンテスト(ポプコン)で優秀曲賞を受賞し、1985年2月、ポリドールから同曲でデビューした。同曲はオリコン最高40位で、3万6000枚以上を売り上げた。1987年の「おいでブランコリー」は第17回世界歌謡祭で金賞。この時は高校生。同年、NHK『みんなのうた』に「最後のシュート」という楽曲を提供した。これは引退試合で敗れたバスケットボール部員の心象を歌いあげたものである。 1990年に自主製作CD『チャイム』を発表した後、事務所を変わったことを機に「SWAY」と改名、2枚のCDアルバム、1枚のシングル、2冊のCDブックを発表した。フォーク調の歌唱法、低声部(堀部)が主にリードをとり高声部(杉山)が3度とオブリガートを付けていくスタイルで、さまざまな断面での青年期の心象風景を歌い、地味ながらある程度の人気があった。

(by SimpleAPI:WikipediaAPI)





情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました