70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

"石野真子"

24件中 11~20件目を表示

雑誌

よい子の歌謡曲 No.06(1980年12月21日発行)

山口百恵 恋の面接試験(2)(河合奈保子) 河合奈保子のNew Wave性(川上英典) 山口百恵 What is Momoe for us? あえてブスと呼ぶ汚名をきて(松田泰司) 反体制主義者を気取った体制主義者――山口百恵(細野谷...
雑誌

よい子の歌謡曲 No.08(1981年12月21日発行)

柏原芳恵 伊藤つかさ 松本伊代 石野真子 林紀恵インタビュー 石野真子 僕の不倫なLove Letter――マコへ――(細野谷拓) 石野真子は歌謡界に於ける巨人の浅野だった!(渡辺秀一) たのきん・その後(波田浩之) ディスコ・ドリ...
雑誌

よい子の歌謡曲 No.09(1982年7月1日発行)

早見優 その後の石野真子とそのファン(1)茶のみ対談〔その1〕 中森明菜インタビュー=明菜ちゃんはナルシスト…かな IDOL NEW WAVE★1982新人特集 Analyzing歌謡曲〔1〕(榊ひろと) 君に薔薇薔薇…という感じ...
2019.01.12
雑誌

よい子の歌謡曲 No.17(1984年4月10日発行)

堀ちえみ 宇沙美ゆかり 渡辺桂子 清水信之 かなしんではいられない(鈴木絵理) 石野真子に会った夜(梶本学) 歌謡曲統一場理論(渡辺秀一) Girls just want to have fun(上野健彦) 演歌なんか嫌いだ(大川俊...
2019.02.01
あ行

今井優子『虹色のオーラ』

今回ご紹介するのは石野真子主演のTBS系昼ドラマ愛の劇場『ママの色鉛筆』の主題歌「虹色のオーラ」です。(オリコンTOP100チャートインせず、リリース日がちょっと自信無いです)。彼女は元漫画家の役で、だんな様を亡くして子育てをしながら仲間...
あ行

石坂智子『ありがとう』

同名異曲というのは今に始まったことではありませんがあまり感心しない物です。もっとタイトルの付け方に工夫出来ないのかと思ってしまいます。で「ありがとう」といえば、当然石坂智子です。 たのきん世代には懐かしいこの曲はTVドラマ「ただいま...
か行

河合奈保子『大きな森の小さなお家』

メルヘンを装いつつ、女性性を暗喩する怪作 河合奈保子のデビュー曲。 彼女の明朗なキャラクターを生かすべく、メジャー調でミディアムテンポのサウンドに仕立てている。曲は榊原郁恵や石野真子あたりを彷彿とさせる、典型的な70年代アイドルポ...
は行

橋本美加子『蒼いときめき』

コンスタントに女性アイドルを輩出し続けたサンミュージックでしたが、この年だけはレコ大の新人賞に絡めませんでした。本田美奈子・芳本美代子・松本典子はお決まりでしたが、残り2枠を狙う彼女はTBSタイアップの中山美穂と小林明子に弾き飛ばされまし...
2020.06.11
は行

BIBI『スカイ・ピクニック』

ちょっと昔に遡って、ピンク・レディーフォロワーの1つBIBIのデビュー曲をご紹介します。唯一のTOP100ヒット「スカイ・ピクニック」です(オリコン最高62位、売上2.1万枚)。本当は未CD化のセカンド「赤い傘」が好きなんですけどネ。他の...
2019.07.08
は行

ピンク・レディー『波乗りパイレーツ』

お手伝いをしたとあるイベントで、ピンク・レディーを踊るというのがありまして、毎日のようにビデオを見ながら練習したんですけど、昔も好きだったけどもっと好きになったのが『波乗りパイレーツ』!。 シャッフルのリズムとシャッカシャッカ刻むベ...
タイトルとURLをコピーしました