70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

美味しんぼ

美味しんぼ
@雁屋哲・花咲アキラ

放映:88.10.17~92.03.17
原作:雁屋哲・花咲アキラ (週刊ビッグコミックスピリッツ連載)
制作:シンエイ動画
放送局:日本テレビ系
話数:136話

  1. 究極のメニュー
  2. 士郎対父・雄山
  3. 野菜の鮮度
  4. 活きた魚
  5. そばツユの深味
  6. 幻の魚
  7. 炭火の魔力
  8. 接待の妙
  9. 寿司の心
  10. 料理のルール
  11. 土鍋の力
  12. ダシの秘密
  13. 手間の価値
  14. 横綱の好物
  15. 日本風カレー
  16. 直火の威力
  17. もてなしの心
  18. 鮮度とスピード
  19. 氷菓と恋
  20. 食卓の広がり
  21. 包丁の基本
  22. 板前の条件
  23. 牛なべの味
  24. 中華そばの命
  25. 舌の記憶
  26. 食べない理由
  27. 激闘鯨合戦 前編
  28. 激闘鯨合戦 後編
  29. 旅先の知恵
  30. うどんの腰
  31. 鮎のふるさと
  32. ハンバーガーの要素
  33. 新妻の手料理
  34. あわび尽くし
  35. トンカツ慕情
  36. スープと麺
  37. にんにくパワー
  38. ビールと枝豆
  39. 暑中の味
  40. 真夏の氷
  41. 技巧の極致
  42. 大豆とにがり
  43. 青竹の香り
  44. 女の華
  45. 香港味勝負 前編
  46. 香港味勝負 後編
  47. 黄身と白身
  48. 母なるリンゴ
  49. 牛肉の味
  50. 究極の作法
  51. レモンと健康
  52. 魚の醍醐味
  53. お菓子と夢
  54. 江戸ッ子雑煮
  55. しょう油の神秘
  56. 飲茶(ヤムチャ)
  57. フォン・ド・ヴォー
  58. ふるさとの唄
  59. 飯の友
  60. キムチの精神(こころ)
  61. 非常食
  62. 大地の赤
  63. 愛の納豆
  64. サラダと美容
  65. ぼけとつっこみ
  66. 椀方試験
  67. ボクサーの苦しみ
  68. 卵とフライパン
  69. 再会の丼
  70. 玄米VS白米
  71. 骨のない魚
  72. 代用ガム
  73. 豆腐の花
  74. 黒い刺身
  75. 北海の幸
  76. 臭さの魅力
  77. ペンションの名物
  78. 究極のメニュー VS 至高のメニュー
  79. 究極VS至高 黄身の実力
  80. 根気と自然薯
  81. 潮風の贈り物
  82. 究極VS至高 生きている米
  83. 究極VS至高 対決!!野菜編
  84. 不器量な魚
  85. 下町の温もり
  86. 家族の食卓
  87. 不思議なからあげ
  88. おせちと花嫁
  89. 究極VS至高 餃子の春
  90. 究極VS至高 対決!!餃子編
  91. 真冬の珍味
  92. 洋食屋の苦悩
  93. 究極VS至高 エイと鮫 前編
  94. 究極VS至高 エイと鮫 後編
  95. 及第ガユ
  96. 江戸の味
  97. ばあちゃんの賭け
  98. 食は三代?
  99. 父のコロッケ
  100. 贅沢な献立
  101. もやしっ子
  102. 丼(どんぶり)VSのり巻き
  103. グルメ志向
  104. 二代目の腕
  105. 五年目のパスタ
  106. 思い出のメニュー
  107. 海のマツタケご飯
  108. 梅干しの雨
  109. 杜氏と水
  110. 柔らかい酢
  111. 料理と絵ごころ
  112. ほうじ茶の心
  113. 涼風そうめん
  114. 古酒(クースー)
  115. スパイスの秘密
  116. 新しい企画
  117. 禁断の鳥
  118. 挑戦精神
  119. 日本の根っこ
  120. ジャンボ茶碗蒸し
  121. 命と器
  122. 辛し明太子
  123. 究極VS至高 対決!!スパゲッティ
  124. 恥ずかしい料理
  125. 年越しうどん
  126. タイのタイ
  127. 二人の花嫁候補
  128. カジキの真価
  129. ピザの横綱
  130. いわしの心
  131. 究極VS至高 菓子対決!!
  132. 天日の贈り物
  133. 猿蟹合戦
  134. カレイとヒラメ
  135. 究極の披露宴 前編
  136. 究極の披露宴 後編
  • スペシャル:究極対至高 長寿料理対決!!(1992年12月11日)
  • スペシャル:日米コメ戦争(1993年12月03日)
美味しんぼ
『美味しんぼ』(おいしんぼ)は、原作:雁屋哲、作画:花咲アキラによる日本の漫画。『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)にて、1983年20号より連載中。1987年、第32回小学館漫画賞青年一般部門受賞。 東西新聞文化部社員、山岡士郎と栗田ゆう子を主人公に、食をテーマとして毎回様々なストーリーが展開される。本作品は人気を博し、のちにアニメ、ゲーム、テレビドラマ、映画化など様々なメディア展開もなされた。 タイトルの『美味しんぼ』は雁屋による造語で、フランス語の「グルマン」に近い意味である。「食べ物を題材にした漫画を描いて欲しい。」と依頼された雁屋は、自分でタイトルを考えるのが面倒なため、担当編集者に作品タイトルを考えてくれるよう依頼した。しかし、担当編集者が出したタイトル案は「味で勝負」「味キング」「味一番」などであり、それを聞いた雁屋は「腰を抜かして」自分で考える事にしたのだという。グルメ漫画および日本のグルメブームの中心となったと一般に言われている。また、題材となる食べ物の種類も、和、洋、中、アジア、精進料理に庶民の食べ物までと幅広い。
美味しんぼの登場人物
美味しんぼの登場人物(おいしんぼのとうじょうじんぶつ)では、漫画『美味しんぼ』に登場する架空の人物について記載する。記述は概ね原作漫画に従っているが、アニメ版やドラマ・映画版と設定などが異なる場合はその旨記載している。 登場人物については、長期に渡る連載により人数も多くなっているので、紹介は概ね複数回登場している人物のみ。西健一郎をはじめ、作者に取材協力をした実在の人物が作中に登場し、主人公らに説明するシーンも多い。 なお、年齢については原作漫画における初登場時点のものとしている。作中主人公たちが結婚して子供が生まれる、また子供たちが成長しているなど、ゆるやかに時間が経過しているが、どの程度進んでいるかの記述は無い。 山岡夫妻・海原雄山およびその親族 山岡士郎と栗田ゆう子一家 山岡 士郎 声 - 井上和彦 本作の主人公。27歳。東西新聞社文化部記者。美食倶楽部を主宰し、また世界的陶芸家である海原雄山の一人息子。普段はグータラだが食に関する造詣の深さから東西新聞「究極のメニュー」を担当し、同じく担当者となった栗田ゆう子と後に結婚した。
美味しんぼ倶楽部
『美味しんぼ倶楽部』(おいしんぼくらぶ)は、1986年4月1日から1989年3月31日までフジテレビジョン フジテレビで平日昼前に放送されていたバラエティ・ワイドショー・生活情報番組である。
漫画作品の『美味しんぼ』とは一切関係ない。
1986年4月1日~1989年3月31日 月~金曜10:00~11:25(日本標準時 JST)
※前半1時間は関東ローカル、後半25分は全国ネットで『夕食ばんざい』と『フジテレビ平日午前テレビショッピング枠 いいものセレクション』を放送。
牧原俊幸(フジテレビアナウンサー)
永麻理(当時フジテレビアナウンサー)
初期(1986年4月1日~1987年3月31日)
露木茂(当時フジテレビアナウンサー)
中期(1987年4月1日~1988年3月31日)
須田哲夫(フジテレビアナウンサー)

(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

 



情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました