70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

夏水りせ(なつみりせ)ディスコグラフィ

そして、センチメンタル・ジャーニー
コメント

1962年生まれ、熊本県出身。本名は鵜川真須美。
趣味は歌の他は、絵を画くこと。希望は、ステージで燃え尽きて、そのまま星になること!
朴保(パクポー、当時は「広瀬友剛」)のバンド「朴保&切狂言」に参加し、コーラスを担当。
その後朴保と結婚。1983年、バンド解散と同時に朴保とともに渡米し、アメリカで音楽活動。アメリカ滞在中に離婚し、故郷に帰国。

シングル

  • 「飛べない天使」VICTOR EP:TLP-3012 78..

    ※1978年アルバム『セルビア林檎』の特別プロモート盤。「竹宮恵子イメージ・プロデュースによる新しい感性!彗星の如く登場したシンガー夏水りせが歌で描く抒情詩……“りせ”の言葉 もの心つく頃から両親を知りません 歌うことだけが命です。竹宮さんと出会って、“りせ”はその世界から生まれたのです。過去は1枚のパステル調の絵になりました。」

    飛べない天使 竹内緑郎/田村之宏/木田高介

    ひとりぼっちのカーニバル 竹内緑郎/田村之宏/木田高介

  • 「そして、センチメンタル・ジャーニー」VICTOR EP:SV-6550 79.02.25

    ※CD発売:(MEG-CD/MSCL-13259/17.06.07)

    そして、センチメンタル・ジャーニー 阿久悠/萩田光雄/萩田光雄

    ジョニーの部屋 阿久悠/萩田光雄/萩田光雄

アルバム

  • 『セルビア林檎』VICTOR LP:SJX-20066 78.05.25

    ※「五月の太陽はりせにはまぶしすぎる」CD発売:(MEG-CD/MSCL-61069/17.06.21)

    A1.飛べない天使 竹内緑郎/田村之宏/木田高介

    2.胸の中の砂丘 竹内緑郎/大倉マヤ/木田高介

    3.春を追いかけて 竹内緑郎/竹内緑郎/木田高介

    4.昼さがり 竹内緑郎/竹内緑郎/木田高介

    5.ひとりぼっちのカーニバル 竹内緑郎/田村之宏/木田高介

    B1.ぬりかけの絵 竹内緑郎/木田高介/木田高介

    2.少年 竹内緑郎/下田逸郎/木田高介

    3.ガラスの華 竹内緑郎/竹内緑郎/惣領泰則

    4.コイン・ゲーム 竹内緑郎/竹内緑郎/惣領泰則

    5.サンルーム 竹内緑郎/竹内緑郎/惣領泰則

  • 『ガラスの迷路 竹宮恵子ファンタジック・ワールド』VICTOR LP:SJX-20073 78.07.25

    ※「人気少女マンガ家、あの「風と木の詩」の竹宮恵子が、哀しいまでに美しい少年愛を見事に描き上げたファンタジック・アルバム!」括弧内は歌唱歌手。夏水りせはA3、B4。

    A1.序章(プレリュード) (ナレーション:久世もとひろ) -/森下登喜彦/森下登喜彦

    2.ぼくのピアノ (久世もとひろ) 竹宮恵子/森下登喜彦/森下登喜彦

    3.少女の魔女があなたの心臓を食べる歌 (夏水りせ、高島淳子) 竹宮恵子/森下登喜彦/森下登喜彦

    4.会話 (久世もとひろ、鈴木昇治) 竹宮恵子/森下登喜彦/森下登喜彦

    B1.飛翔(白い翼の馬) -/森下登喜彦/森下登喜彦

    2.銀河ステーション -/森下登喜彦/森下登喜彦

    3.宇宙そら (ナレーション:久世もとひろ、竹宮恵子) 竹宮恵子/森下登喜彦/森下登喜彦

    4.電話 (夏水りせ) 竹宮恵子/森下登喜彦/森下登喜彦

    5.ガラスの迷路 (ナレーション:丹羽たか子) 竹宮恵子/森下登喜彦/森下登喜彦




情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました