70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

中原香織『銀河鉄道の夜』

中原香織『銀河鉄道の夜』
発売日 1985.06.21
作詞 松本隆
作曲 細野晴臣
編曲 戸田誠二・細野晴臣
ストリングス編曲 まり

昭和60(1985)年組3人目は一発屋というよりリリースがこれだけという、中原香織の唯一のシングル「銀河鉄道の夜」をご紹介します(オリコン最高位92位、売上0.2万枚)「風の谷のナウシカ」よ再び!って布陣ですが、結果は淋しくスターボー並みでした。

作詞は松本隆。宮沢賢治・原作のアニメ映画『銀河鉄道の夜』のイメージソングだけに、それっぽい内容。お得意の“僕物”でさらに“幻想物”を重ねている濃厚な松本ワールド。りんどう・水晶のリンゴといった小道具からオレンジ・青白いといった色彩まで、総力あげた言葉遣い。果たしてアニメーションなしてどこまで映像が広がるかわかりませんが、かなり視覚的な仕上がりです。

作曲は細野晴臣。A-A-Bというシンメトリーな構成。曲の初めはマイナー、サビはメジャー。8ビートのメロディーのゆったり感といい、かなりナウシカ的な曲想です。だから好きだけど。でも僕はこの曲に関してはサビより、♪踏み切りの向こうに立って 手を振った君のほほえみ…って所になんかグッっと来る物を感じます。

ナウシカとは違うのは、3人の共同作業のアレンジ。戸田と細野の役割分担が分かりませんが…。ストリングスはちょっとコテコテな気もしますが、萩田光雄と言っても疑わないほどのオーケストレーション。機関車の蒸気音と車輪の響きをリズム隊とベースで上手く表現していますが、エンディングがダサい気がします。無理に似させる事も無かったのに。

ボーカルは特に可もなく不可もない、癖の無い声質に歌い方。取り敢えず歌いました的歌唱です。成美ちゃん程その歌唱に味があれば話題にもなったでしょうが…。確かこの人無名塾だか何か女優畑系の人だった気がしましたが、青年座の成美ちゃんと益々そっくり。

でも決定的に違うのはルックスでしょう。良く言えばクールビューティー。写真集出すほどの“銀鉄ガール”にはなれなかった彼女を女優として見た記憶はありません。(『Forever and ever』オムニバス)

 heaven and earth
 


情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました