70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

松本明子『♂×♀×Kiss』

♂×♀×Kiss
発売日 1983.05.21
作詞 森雪之丞
作曲 後藤次利
編曲 後藤次利

大した話でもないのに何故か見続けているドラマが有ります。日テレの「サービス」です。今回は主演:松本明子のデビュー曲「♂×♀×Kiss」をご紹介します(オリコンTOP100、チャートインせず)

作詞は森雪之丞。女性アイドルでは作曲後藤次利との組み合わせは他に思い浮かびません。と、思いながらチャート本をめくっていたら、中山忍のデビュー曲「小さな決心」からの4曲のTOP20ヒットは全てゴッキーとのコンビですね。歌詞はBOYフレンドとバイクで海へ…。ANO前触れにどきどきしている女の子の気持ちが綴られています。サビを除けば正統派の内容。サビの‘OS・MES・KISS”の語感はインパクトはあるけれど、果たして魅力的であるか?という点ではちょっと頑張り過ぎかも…。

作曲・編曲は後藤次利。ナベプロでは以前ご紹介した大滝裕子のデビュー曲「A BOY」を提供したり、石川ひとみのアルバムでも見掛けました。作風で言うと翌年の宇沙美ゆかりとか後のうしろ髪ひかれ隊辺りと同じでしょうか。意外とゆったりしたテンポでA-A”-B-Cの構成。
そしてゴッキーの定番で2番のAはショートカットしてます。シンコペを多用した弾むAメロに、期待感溢れるBメロ。サビの出だしは少々色気に欠けますが、♪どうするの? ねぇ♪恋だから ねぇ、などはグっと来ます。特に珍しさは有りませんが王道の快感が得られるメロだと思います。
また、ゴッキーは自分でアレンジした方がツボを押さえた派手なサウンドに仕上がる様です。ラテンフレーバーというかパーカッションが鳴りまくりブラスも盛り立てます。さすがにベースラインが唸っています。

ボーカルはスタ誕出身らしい安定印。歌詞も聞き取り易く堂々と歌手声然としています。若さに任せてパワー全開といった感じにも初々しさが溢れています。
特徴としては‘エ段”が割とのどに詰まるのと‘ラ行”が妙にバタ臭い所でしょうか。聖子フォロワー系のしゃくりあげはありません。そのせいか盤で聴くと高校生デビューにしては大人っぽい気がします。「♂×♀×Kiss」は途中から旅行物のCMタイアップが付いた記憶が有るのですが、セールスはさっぱりでした。
でもこれだけ有名な?売れなかった曲は他にあるでしょうか。それだけ松本明子本人の思い入れもあるのでしょう。初のスタ誕~ナベプロのビッグプロジェクト。ナベプロの稼ぎ頭にやっと大ヒットのチャンスが巡ってきました。個人的には新曲、売れて欲しいです。(『80”SアイドルJAPAN(1)』オムニバス、他)

 heaven and earth
 


情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました