70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

小山ルミ(こやまるみ)ディスコグラフィ

小山ルミ(こやまるみ)ディスコグラフィ

1952年8月11日生まれ(67歳)、北海道札幌市出身。父はアイルランド人の軍人で、母は日本人。

シングル

  • 「はじめてのデート」VICTOR EP:SV-732 68.07.05

    はじめてのデート 水島哲/曽根幸明/曽根幸明

    わたしの祈り 水島哲/曽根幸明/曽根幸明

  • 「ひとりぼっちのレモンティー」TEICHIKU/UNION EP:US-640 70.01.10

    ひとりぼっちのレモンティー なかにし礼/村井邦彦/森岡賢一郎

    たずね人 なかにし礼/鈴木邦彦/森岡賢一郎

  • 「あなたに負けたの」TEICHIKU/UNION EP:US-664 70.05.

    あなたに負けたの なかにし礼/森岡賢一郎/森岡賢一郎

    魔法使いのあなた 大島なほみ・補詞:なかにし礼/宮川泰/

  • 「グットがまんして!!」TEICHIKU/UNION EP:US-687 70.10.

    グットがまんして!! いなづまひかる/はやしこば/宮川泰

    アイ・ラヴ・ユー・ラブ なかにし礼/村井邦彦/

  • 「幸せすぎない幸せが好きよ」TEICHIKU/UNION EP:US-700 71.03.

    幸せすぎない幸せが好きよ 安井かずみ/クニ河内/クニ河内

    恋人の記念日 安井かずみ/クニ河内/クニ河内

  • 「さすらいのギター」TEICHIKU/UNION EP:US-712 71.06.01

    ※「さすらいのギター」の原曲はロシア民謡「Zwei Gitarren」。ベンチャーズのエレキ・インストバージョン(71年)を日本語でカヴァー。ジャケットが2種類ある。

    さすらいのギター 千家和也/J.リーブ・カインド/川口真

    日曜日は来なかった 千家和也/田辺信一/田辺信一

  • 「二つのギター」TEICHIKU/UNION EP:US-723 71.10.05

    二つのギター 千家和也/作曲者不詳/川口真

    薔薇のことづけ Daniele Pace・Lorenzo Pilat・Mario Panzeri・日本語訳:紫野未知/Daniele Pace・Lorenzo Pilat・Mario Panzeri/鈴木邦彦

  • 「ブルー・ジーン」TEICHIKU/UNION EP:US-733 72.02.

    ブルー・ジーン 橋本淳/筒美京平/高田弘

    涙の過去 橋本淳/筒美京平/筒美京平

  • 「孤独の街角」TEICHIKU/UNION EP:US-747 72.06.

    孤独の街角 Albert Hammond・Mike Hazlwood・日本語訳:千家和也/Albert Hammond・Mike Hazlwood/鈴木邦彦

    裁かれる女 千家和也/都倉俊一/都倉俊一

  • 「憎いあなた」TEICHIKU/UNION EP:US-762 72.10.

    憎いあなた 千家和也/都倉俊一/都倉俊一

    危険な関係 千家和也/都倉俊一/宮川泰

  • 「恋のマイアミ・ビーチ・ルンバ」TEICHIKU/UNION EP:US-775 73.03.25

    恋のマイアミ・ビーチ・ルンバ 千家和也/アルバート・ゲイムス、アーヴィング・フィールズ/竜崎孝路

    イッツ・トゥ・レイト・ナウ(It’s Too Late Now) 安井かずみ/テリー・デンプシー/竜崎孝路

  • 「恋のサンライズ・ツイスト」TEICHIKU/UNION EP:US-794 73.07.

    恋のサンライズ・ツイスト 千家和也/Pilantra-Mamican/

    心のときめき //

  • 「わたしはお人形」TEICHIKU/UNION EP:US-811 74.02.

    わたしはお人形 有馬三恵子/川口真/川口真

    妖しいふたり 有馬三恵子/川口真/川口真

小山ルミ
小山 ルミ(こやま るみ、1952年8月11日 - )は、日本の元歌手、女優、タレント。本名は小山 留美。北海道札幌市出身。父はアイルランド人の軍人で、母は日本人。 中学在学中にモデルの仕事を始め、フジテレビ『ビート・ポップス』などにカバー・ガールとして出演した後、1968年にグループ・サウンズの同名のコミックソングを映画化した『ケメ子の歌』のヒロインに抜擢される。愛らしい顔立ちとコケティッシュな魅力でたちまち若い世代のアイドルとなり、以後も映画『ドリフターズですよ!冒険冒険また冒険』『ある少女の告白・純潔』、テレビドラマ『オレと彼女』『オレとシャム猫』などに出演。 また、ビクターから『はじめてのデート』で歌手としてもデビューし、のちにテイチク移籍後『さすらいのギター』などがヒット。1971年には、人気歌手・森進一のアメリカ公演にもゲストとして参加している。独特のグルーヴ感のあるボーカルは現在でも根強い人気がある。 ザ・ドリフターズの加藤茶との交際が噂されていたが、1974年に渡米、翌年現地で知り合った日本人宝石商と結婚し芸能界を引退。

(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

 




情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました