70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

古賀いずみ(こがいずみ)ディスコグラフィ

古賀いずみ(こがいずみ)ディスコグラフィ

1967年4月24日生まれ(52歳)、東京都出身、埼玉狭山市育ち。1992年、いとこ(従姉弟)の漆戸啓とカズンを結成し、「冬のファンタジー」がヒット。

シングル

  • 「海が見える場所から」VICTOR EP:SV-9092 86.01.21

    海が見える場所から 伊藤アキラ/馬飼野康二/馬飼野康二

    少しだけランナウェイ 浦島真美/大町秋一/馬飼野康二

古賀いずみ
『』より : カズン(cousinとも表記)は、古賀いずみと漆戸啓のいとこ(従姉弟)同士による日本のポップスデュオ。カズンは英語でいとこの意味である(ただし単数形)。1995年にキューン・ソニーレコードよりデビューした。ウガンダ共和国親善大使。国連女性機関さくら親善大使。 年譜 1992年:それまで別々に音楽活動をしていた2人が東京のスタジオで再会し、デュオを結成。 1993年:共通の祖母が逝去。祖母に捧ぐオリジナルソング「おばあちゃんの誕生日」(アルバム『ふたりのSomeday』に再録)を制作、これを起点に「イトコーズ」名義でライブ活動を始めた。シングル「愛なんて信じない」でカズンとしてデビュー(1995年)。 1995年:10月にリリースした3枚目のシングル「冬のファンタジー」が、サッポロビール「冬物語」シリーズのCMソングに起用され、70万枚以上の売り上げを記録する大ヒット作品になった。 以後「水曜日に会いましょう」(メナード「ジュピエルリップスティック」CMソング)、「夢追いかけて」(松竹映画『宮沢賢治-その愛』主題歌)、「ふたりのSomeday」(明治乳業「明治LOVE」CMソング)はじめとして、大型タイアップを多数獲得する。

(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

 




情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました