70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

Kitty GYM / GYM

デビュー:2006.06.28
デビュー曲:フィーバーとフューチャー(日本:2006.08.30、タイ:2006.09.06、台湾:2006.09.12)

Kitty GYM、キティー・ジム。2006年6月28日結成(Kittyのみメンバーの確定は7月)。結成当初の表記:kitty GYM。Kittyの別名義:KITY。

Kitty GYMは、『女子バレーボール ワールドグランプリ 2006』(2006年8月18日 – 9月10日、フジテレビ)にてスペシャルサポーターを務めた、同大会開催中のみの期間限定ユニット。

「GYM」はCDもリリースし、テレビ番組に出演したが、「Kitty」の方は、女子バレーボールの“サポーター期間中”はフジテレビ独占の限定ユニットだった。そのため、「Kitty GYM」名義での活動はフジテレビ限定だった。

[Kittyメンバー]

  • K – 北山宏光(当時「Kis-My-Ft2」のメンバー)
  • i – 伊野尾慧(当時「J.J.Express」のメンバー)
  • tt – 戸塚祥太(当時「A.B.C.」のメンバー)
  • y – 八乙女光(当時「Ya-Ya-yah」のメンバー)

[当初の結成予定Kittyメンバー]

  • tt – トミー・真央(本名:冨田真央。当時「Tops」のメンバー)

[GYMメンバー]

  • G – GOLF
    本名:Pichaya Nitipaisalkul、ピチャヤ・ニティパイサーンクン。1987年2月20日生まれ(35歳)、バンコク出身。タイの兄弟アイドルデュオ「GOLF&MIKE」のメンバー。MIKEの兄。
  • Y – 山下智久(当時「NEWS」のメンバー)
  • M – MIKE
    本名:Pirat Nitipaisalkul、ピーラット・ニティパイサーンクン。1989年12月19日生まれ(33歳)、バンコク出身。タイの兄弟アイドルデュオ「GOLF&MIKE」のメンバー。GOLFの弟。

[関連ソロ・ユニット]

Kitty GYMは、「Kitty」と「GYM」の2つのグループで構成されている。
「Kitty」は、ジャニーズJr.のメンバーによる4人組。
「GYM」は、ジャニーズ事務所と業務提携関係にあるタイの兄弟アイドルデュオ「GOLF&MIKE」の2名と、NEWSの山下智久による3人組。
「GOLF&MIKE」は、タイ王国最大規模の芸能プロダクション「GMM GRAMMY」(GMMグラミー、通称:グランミー)が2003年に立ち上げた次世代型タレント養成プロジェクト「G-Juniorジー・ジュニア」からの初のユニットであり、G-Juniorの看板的存在。ユニットの愛称はゴルマイ。2004年末に初来日した際には、NEWSのコンサートにゲスト出演。2005年11月15日にタイでアルバム『GOLF-MIKE』にてデビュー。
当アルバムには、タッキー&翼の4thアルバム収録曲『epilogue』のカバーも収録(日本語で歌唱)。
タイでは「GOLF&MIKE」ではなく「GOLF-MIKE」名義で活動しており、日本でもシングル『フィーバーとフューチャー』をリリースするまでは「GOLF-MIKE」名義で活動していた。

グループ名の「Kitty」は、メンバーの北山(K)、伊野尾(i)、戸塚(tt)、八乙女(y)の頭文字から組み立てられた。
また、「Kitty」という英単語は本来「子猫」を表すため、「子供も含め、世代を超えて親しんでもらいたい」との意味が込められている。
「GYM」は、GOLF(G)、山下(Y)、MIKE(M)の頭文字で、英語では「体育館」の意味。『女子バレーボール ワールドグランプリ 2006』の会場も「体育館」。スポーツを愛する人に欠かせない「トレーニングジム」などにもかけている。全てジャニー喜多川による命名。

CDシングル『フィーバーとフューチャー』はGYMの3名だけでレコーディング、リリースした作品だが、テレビ番組で「Kitty GYM」名義で披露される際は、Kittyの4名もコーラスとして一緒に歌唱した。




歴代グループ

 

情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました