70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

桂木文(かつらぎあや)ディスコグラフィ

桂木文(かつらぎあや)ディスコグラフィ

1960年12月16日生まれ(58歳)、愛知県名古屋市出身。父は日本人、母は日本とインドのハーフ。TBS系テレビ「ムー一族」の郷ひろみ恋人役オーディションに優勝して同役でデビュー。

シングル

  • 「短篇小説」WARNER/PIONEER EP:L-234W 78.07.25

    ※「短篇小説」はTBS系ドラマ「ムー一族」挿入歌。

    短篇小説 さだまさし/さだまさし/渡辺俊幸

    前略、ごめん さだまさし/さだまさし/渡辺俊幸

  • 「目覚めの午後」WARNER/PIONEER EP:L-282W 79.05.

    目覚めの午後 諸星団/諸星団/小谷充

    レインレイン 森雪之丞/くぎ哲朗/小谷充

  • 「19才」WARNER/PIONEER EP:L-315W 79.10.

    19才 さだまさし/さだまさし/大村雅朗

    冬物語 有馬三恵子/筒美京平/大村雅朗

アルバム

  • 『ひとりぼっちのコンチェルト』Alfa LP:ALR-28041/CT:ALC-28039 82.11.05

    ※少女から女へ変わってゆく、美しくはかない時…。音楽と言葉で綴るAYAの世界。豪華写真集付。プロデューサー:立川直樹。編曲:岡田徹、清水信之、戸塚修、楽曲ごとのクレジットはなし。

    [少女編 COTE FILLETTE]

    A1.もう森へなんか行かない (Instrumental) ギイ・ボンテンベリ 2:04

    2.21番目の悲しみ 浅野裕子/大貫妙子 3:54

    3.星の王子さまはどこ 作曲:岡田徹 1:40

    4.aperitifの旅 浅野裕子/宇崎竜童 3:04

    5.メモワール・ドゥ・ラ・メール 浅野裕子/高橋幸宏 3:45

    6.海のシルエット 作曲:白井良明 1:46

    7.ラベルを聞きながら (PIECHE EN FORME DE HABANERA) 作曲:ラヴェル 2:51

    [おんな篇 COTE FEMME]

    B1.ひとりぼっちのラブ・ストーリー 4:21

    2.夢の波 作曲:岡田徹 1:27

    3.Tell Me When~深呼吸する部屋 英詞:小野クレア、浅野裕子/桐ヶ谷仁 5:02

    4.雨の街を 荒井由美/荒井由美 4:12

    5.旅は悲しくて 作曲:岡田徹 2:34

    6.もう森へなんか行かない (MA JEUNESSE FOUT L’CAMP) ギイ・ボンテンベリ、日本語訳詞:浅野裕子/ギイ・ボンテンベリ 3:53

桂木文
桂木 文(かつらぎ あや、1960年12月16日 - )は日本の女優、元アイドル。本名:蟹江 文(かにえ あや)。愛知県名古屋市出身。 血液型はO型。オー・エンタープライズに所属していた。身長159.8cm、体重50kg。B79.4cm、W58.5cm、H90cm。 来歴・人物 父は日本人、母は日本とインドのハーフ。愛知県立松蔭高等学校から東京都立代々木高等学校へ転校し卒業。 郷ひろみの恋人役に4万人の中から選ばれた。 1978年にTBS系テレビドラマ『ムー一族』に出演し芸能界デビュー。同年、さだまさし作詞・作曲による『短篇小説』(b/w『前略、ごめん』 - 同じく、さだの作品)で歌手デビューを果たす。1980年にはフジテレビ系列のテレビドラマ『翔んだカップル』でヒロインの山葉圭役を演じて人気を博し、翌1981年にはファースト写真集でヌードを披露して注目を浴びた。

(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

 




情報提供・コメント

タイトルとURLをコピーしました