70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

70-80年代アイドル楽曲レビュー「か行」

か行

河合奈保子『ラブレター』

80年代アイドルの中では最優秀歌唱賞レベル これは傑作だと思う。 曲・歌詞・アレンジ、全ての面で合格点だが、なんといっても一番の魅力は河合奈保子の歌唱である。 「17才」で開花した”グルーブ歌唱”が、この作品では全編に冴え渡る。 ...
か行

河合奈保子『愛してます』

明らかに山口百恵を意識した「港町歌謡」 これまでのメジャー志向とは打って変わって、今回はドメスティックなマイナー調サウンド。 「ヤング・ボーイ」で引き出した、彼女の「真面目さ」「ひたむきさ」といったキャラクターの持ち味をより明確す...
か行

河合奈保子『愛をください』

「奈保子サウンド」の調和を乱す奇妙な歌詞 前作「ラブレター」では”片想い”がテーマだったが、今回は一歩進んで「失恋をも乗り越える執念(?)」がテーマ。 こうした微妙な女性心理の表現には、女性スタッフがふさわしいとの判断か、今回は作...
か行

河合奈保子『夏のヒロイン』

河合奈保子の最高傑作 アップテンポのメジャー調サウンドに乗せて、恋の喜びを表現するというコンセプトは、1年前の「スマイル・フォー・ミー」と共通している。スタッフも作詞・作曲は「スマイル~」と同じ布陣だし。 しかし今回、アレン...
か行

河合奈保子『大きな森の小さなお家』

メルヘンを装いつつ、女性性を暗喩する怪作 河合奈保子のデビュー曲。 彼女の明朗なキャラクターを生かすべく、メジャー調でミディアムテンポのサウンドに仕立てている。曲は榊原郁恵や石野真子あたりを彷彿とさせる、典型的な70年代アイドルポ...
か行

河合夕子『東洋微笑』

It's a SONY 第4弾は、とあるアイドルをキャンセルして(スマヌ)、急遽本日入手したCDからのご紹介です。エピックからリリースされた河合夕子の「東洋微笑」です(オリコンTOP100ランクインせず)。知っている人いるかなぁ…(笑)。...
か行

金井夕子『パステル ラヴ』

今回ご紹介するのは金井夕子のデビュー曲「パステルラヴ」です(オリコン最高位35位、売上5.7万枚)この曲は後に同じ第一プロの松本典子がカバーしました(気持ちはわかりますが、僕には頂けません)。 作詞・作曲は尾崎亜美。デビュー3部作を...
か行

甲斐智枝美『スタア』

キングでもう一発考えたのですが思い浮かばないので、三原順子ともドラマで共演した同期の甲斐智枝美のデビュー曲「スタア」をご紹介します。信じられない事にオリコンのチャートブックで探したんですけど何処にも出てないんです。意外な事にTOP100に...
か行

鹿取洋子『ゴーイング・バック・トゥ・チャイナ』

最近インディーズから面白いオムニバスCDが続々リリースされているので、今回はその中から甲斐智枝美とも同期の鹿取洋子のデビューヒット「ゴーイング・バック・トゥ・チャイナ」をご紹介します(オリコン最高位42位、売上7.8万枚)。オリジナルは知...
か行

柏原芳恵『悪戯NIGHIT DOLL』

そこそこ売れたのに最新のBEST盤に収録してもらえない不幸なシングルがあります。そんな中から一曲ご紹介します。柏原芳恵(柏原よしえ)の「悪戯NIGHT DOLL」はオリコン最高位10位、売上9.5万枚でしたが大昔のBEST盤でしかCD化さ...
タイトルとURLをコピーしました