70-80年代アイドル・芸能・サブカル考察サイト

70-80年代アイドル楽曲レビュー「は行」

掲載数:41件
表示
並び順  
は行

早川由貴『乱気流』

最近ヘビロテのCDに一緒に入ってる曲をご紹介します。早川由貴のデビュー曲「乱気流」です(オリコン最高87位、売上0.7万枚)。僕は「羽衣」という(3rd?)シングル持ってます。“魅せられて”みたいな衣装でヒラヒラ歌ってましたけど、こちらも...
2020.10.09
は行

パティ『明日・・・咲く』

続いてご紹介するのは、今では一体何者だったのか確かめるすべも無い、何気にS55(1980)年組のパティの3rd.シングル「明日・・・・・・咲く」です(オリコン最高位29位、売上12.1万枚)。TVドラマ「竹とんぼ」の主題歌ですが、ドラマを...
は行

橋本美加子『蒼いときめき』

コンスタントに女性アイドルを輩出し続けたサンミュージックでしたが、この年だけはレコ大の新人賞に絡めませんでした。本田美奈子・芳本美代子・松本典子はお決まりでしたが、残り2枠を狙う彼女はTBSタイアップの中山美穂と小林明子に弾き飛ばされまし...
2020.06.11
は行

原真祐美『Bye,Bye,September』

今回ご紹介するのは「お・し・え・てアイドル」シリーズから原真祐美の勝負曲であったであろうオリコン初チャートインした「Bye,Bye,September」です(オリコン最高位89位、売上0.7万枚)。僕はデビューシングル「決心」のレコードを...
は行

原田知世『ときめきのアクシデント』

来生姉弟が織り成す「擬似・松任谷由実」? TVドラマ『ねらわれた学園』主題歌。前作同様、こちらも薬師丸ひろ子主演映画のTV版だ。 前作「悲しいくらいほんとの話」は、映画版主題歌「セーラー服と機関銃」を、同じスタッフで、TVナイズに...
は行

原田知世『どうしてますか』

先日ドラマ「デッサン」が最終回を迎えました。水曜夜10時の枠は結構チェック入れてるのですが、今回も煮えきらない主人公や棒台詞女優に苛々しながらも見てしまいました。主題歌「シンシア」も勿論買いました。思ったより売れなかったのが残念でしたが、...
は行

原田知世『どうしてますか』

歌手・原田知世が目指した世界は「初期・松田聖子」 これまでのシングルは、全て自身が主演した映画・TVの主題歌だったが、今回はそうしたタイアップの呪縛から外れる。もっとも、CMとのタイアップではあるのだが、とりあえず、このシングルで...
は行

原田知世『愛情物語』

AORを女性アイドル向けに再構築した意欲作 前作に引き続き、知世が主演した同名映画の主題歌。 この作品、一聴する分には、スローテンポで可愛らしいアイドル歌謡だが、よく聴くとかなり渋い作品だ。 デビュー以来、ずっとニューミュージック...
は行

原田知世『逢えるかもしれない』

結構気になる、後藤次利と山下達郎&竹内まりや夫妻の相関性 今回もタイアップ付きで、なんとJRのイメージソング(CMソングではなかったと記憶する)。 それにしても、どうして知世にこんな渋い仕事が回って来るのか。 どちらかと言...
は行

原田知世『雨のプラネタリウム』

声高にロックを目指した女性アイドルの先駆け この作品は車のCMソング。 今回はより一層アーティスト性を追及した成果なのか、前作以上にロック色の強い仕上がり。 歌番組の出演も多かったし、ウエーブを掛けたロングヘアーに、バックバンドを...
は行

原田知世『空に抱かれながら』

アレンジが曲・歌詞とはマッチしてない失敗作 前作「雨のプラネタリウム」でのアーティスト志向が、まぁまぁ好感触だった事を受けてか、今回もスタッフは全く同じ。まぁ今回も引き続き、車のCMソングだったこともあるけど。 しかし、安全パイを...
2019.11.06
は行

原田知世『時をかける少女』

原田知世の最高傑作 知世の同名初主演映画の主題歌である。 前作では来生姉弟が、ユーミンに成り代わって”ユーミン世界”を再現したが、今回はようやく(?)本家本元が登場。 やはり映画はTVよりも強し、ということか。今では勢力が逆転して...
2019.11.06
は行

原田知世『早春物語』

地味な歌詞・曲を救う、斬新な社交ダンスアレンジ またしても、同名の知世主演映画の主題歌。 映画『早春物語』が、”脱・アイドル”を図るべく、知世が中年男性(林隆三)とのラブロマンスに挑んだ作品だった事を受けて、この主題歌も本編に合わせ...
は行

原田知世『太陽になりたい』

タイアップにこだわり過ぎて、着地点を見失った怪作 車のCMソングである。それにしても、この作品は訳がわからない。 歌詞・サウンド、どちらが先に制作されたのかは知らないが、それぞれの出来が悪いとか、不協和音を奏でているとか云々以前に...
は行

原田知世『天国にいちばん近い島』

ヒット狙いのあざとさを隠蔽するアレンジが見事 今回も同名の知世主演映画の主題歌。 前作と全く同じスタッフだが、極めてニューミュージック度の高かった前作に対し、今回は一転して歌謡曲っぽい作品に仕上がった。 これは前作「愛情物語」が前...
2019.06.10
は行

原田知世『悲しいくらいほんとの話』

凡作だが、楽曲制作の意向が反映されている歌詞は興味深い 原田知世のデビュー曲で、TVドラマ『セーラー服と機関銃』の主題歌。 映画版主題歌、薬師丸ひろ子「セーラー服と機関銃」と全く同じスタッフ。 薬師丸の「セーラー服~」は、元々が来...
は行

原田知世『彼と彼女のソネット』

歌手・原田知世の代表作 知世初の洋楽カバーで、元歌はエルザ「T'en va pas」(通称「タンバパ」)。 エルザ盤はつい最近まで、ジーンズ「EDWIN」のCMで流れていたので、ご存知の方も多いと思う。 最初、「哀しみのアダージョ...
2019.10.03
は行

林寛子『恋はお伽話じゃないから』

今回は最近のヘビーローテーションな曲、林寛子の『恋はお伽話じゃないから』をご紹介します。 口喧しい元黒澤婦人のイメージが強い彼女の、唯一リアルでワンフレーズ覚えていた曲です。 作詞は森雪乃丞。当時NAVレコードとかでよく書いてましたね。で...
2019.01.21
は行

早見優『誘惑光線・クラッ!』

事務所的に言うとホリプロや芸映よりバーニングやサンミュージックの方が好きで、このコーナーでもかなり取り上げてきましたが、今回はサンミュージックのS57(1982)年組・早見優の「誘惑光線・クラッ!」をご紹介します(オリコン最高位7位、売上...
2019.11.06
は行

速水陽子『い・か・が』

今回は引き続きマイナーでおどろおどろしい曲をご紹介したいと思います。石原祐以来女ジュリーを目指していた?速水陽子のデビュー曲「い・か・が」です(オリコン最高位92位、売上1.0万枚)一度聴いたら忘れられない変な曲です。 作詞は神田広...
2021.10.19
は行

畠田理恵『ここだけの話~オフレコ~』

最近羽生名人の活躍がマスコミを賑わせましたので、アイドル歌手→女優→そして現在彼の妻の座に収まっている彼女のデビュー曲「ここだけの話~オフレコ~」(オリコン最高位13位、売上7.9万枚)をご紹介します。 作詞は3rd.シングル「人見...
タイトルとURLをコピーしました