渡辺徹、榊原郁恵との夫婦円満を強調…離婚報道に言及

渡辺徹、榊原郁恵との夫婦円満を強調…離婚報道に言及 俳優の渡辺徹(54)が2日、東京・三軒茶屋で、世田谷パブリックシアターと文学座、兵庫県立芸術文化センターが共同制作するシェークスピア劇「トロイラスとクレシダ」(7月15日から世田谷パブリックシアター)の制作発表に出席。 妻でタレントの榊原郁恵(56)との“熟年離婚報道”について語るとともに、夫婦円...

榊原郁恵が昼ドラ初出演「今現在が冒険です」

榊原郁恵が昼ドラ初出演「今現在が冒険です」 女優、榊原郁恵(55)、池上季実子(56)、宮崎美子(56)が23日、東京都内で行われたフジテレビ系トリプル主演ドラマ「プラチナエイジ」(月~金曜後1・25)の取材会に出席した。 60代の夫婦3組の友情・夢・冒険を描いた青春物語。 榊原は「友達って大きい存在だなと思うようなシーンがたくさんあ...

榊原郁恵(55)&池上季実子(56)&宮崎美子(56)の熟女トリプル主演、今月30日スタートの昼ドラ「プラチナエイジ」

榊原郁恵(55)&池上季実子(56)&宮崎美子(56)の熟女トリプル主演、今月30日スタートの昼ドラ「プラチナエイジ」 昭和50年代、絶大な人気を誇った女優、榊原郁恵(55)、池上季実子(56)、宮崎美子(56)が30日スタートのフジテレビ系「プラチナエイジ」(月~金曜後1・25)にトリプル主演することが1日、分かった。 台所のリフォームで出会った建築家にひかれる香織(榊原)、夫が認知症になった智恵子(池上)、...

榊原郁恵『ROBOT』

榊原郁恵『ROBOT』 郁恵ちゃんといえ僕は「ROBOT」と「太陽のバカンス」の筒美京平作品が好きです。唯一の松本隆が手掛けた詞の内容は最後の件に「お気に召すままそうよ私ROBOT」とあるように、男の子にアピールしまくるアイドルソングです。またこの曲は船山基紀のデジタル化第一弾だと思います。ポップンロールの雰囲気を出しつつ...

榊原郁恵(さかきばらいくえ)アルバムディスコグラフィ

榊原郁恵 『私の先生』日本コロムビア LP:PX-7024 77.04.25 ※「草原の輝き」はアグネス・チャンのカバー。「小さな日記」はフォー・セインツのカバー。「学生時代」はペギー葉山のカバー。「てんとう虫のサンバ」はチェリッシュのカバー。「花と小父さん」は植木等まはた伊東きよ子のカバー。「友達...

青い絶唱

青い絶唱 長男の鉄夫(柴田)は妻の連れ子。 長女の華子(榊原)は先妻の子。 華子の恋人は清貴(北詰)であるが、岩雄は自分の恋人、恵(渡部)と清貴を婚約させようとする。 また、清貴の父と母静子(馬淵)が25年間、同棲していたことが判明し、殺人事件に発展。 母の失踪事件に兄弟愛をからませて描くサスペンスド...

榊原郁恵(さかきばらいくえ)シングルディスコグラフィ

榊原郁恵 1976年、第1回ホリプロタレントスカウトキャラバンで15,000人の応募から「青春の坂道」を歌ってグランプリを受賞。グランプリ特典として山口百恵主演東宝映画「春琴抄」とグリコチョコCM出演。キャッチフレーズは「一億円のシンデレラ」。 「私の先生」日本コロムビア 77.01.01 私の先...
70-80年代アイドル検索 Idol.ne.jp
© 2003-2018 Idol.ne.jp All Rights Reserved.