な行

70-80年代アイドルの楽曲レビュー「な行」。

 な行 1985.06.21

中原香織『銀河鉄道の夜』

昭和60(1985)年組3人目は一発屋というよりリリースがこれだけという、中原香 »

 な行 1979.03.21

中原理恵『枕詞(ピロー・トーク)』

今月のIt”s a SONY のトリは、中原理恵の4th.シングル「枕詞ピロー・ »

 な行 1987.07.07

中山美穂『50/50』

歌謡界では珍しい、ラテンとテクノの異種交配 これまで美穂の楽曲制作において、陰日 »

 な行 1985.12.18

中山美穂『BE-BOP-HIGHSCHOOL』

アナクロな不良像が微笑ましい、”ツッパリ歌謡・外伝” 美穂が出演した、同名映画の »

 な行 1987.10.07

中山美穂『CATCH ME』

筒美派閥とは一味違う、斬新な「ファンキー・ユーロビート歌謡」 今回、作詞・作曲・ »

 な行 1986.07.15コメントする

中山美穂『JINGI・愛してもらいます』

意欲作だが、結果としてはツッパリ歌謡の”徒花” 作曲に小室哲也が起用された。 渡辺美里「MY REVOLUTION」の大ヒットを受けて、一躍コンポーザーとしての注目が集まった直後の作品。 それも相手が »

 な行 1986.12.10

中山美穂『WAKU WAKU させて』

サウンドの完成度に対して、歌詞の凡庸さがイタい作品 前項で述べたように、「ツイて »

 な行 1985.06.21

中山美穂『「C」』

昭和60年(1985)組4回目に登場するのは何故か今まで取り上げなかったミポリン »

 な行 1985.06.21

中山美穂『「C」』

松本隆が初めて本格的に手掛けた”性典ソング” 中山美穂のデビュー曲。なんでも彼女 »

 な行 1987.03.18

中山美穂『「派手!!!」』

大きな犠牲の上に成り立つ、見事なサウンド 前作「WAKU WAKU させて」は、 »

YouTubeAdsense攻略情報共有プログラム
 な行 1986.05.16

中山美穂『クローズ・アップ』

歌詞とは裏腹に、地味なアレンジで存在感に欠ける作品 今回は松本隆&財津 »

 な行 1986.08.21

中山美穂『ツイてるね ノッてるね』

中山美穂・筒美京平、それぞれに新境地を開拓 「色・ホワイトブレンド」同様、コレも »

 な行 1986.02.05

中山美穂『色・ホワイトブレンド』

中山美穂の最高傑作 美穂本人が出演した、化粧品のCMソング。 なぜか作家陣が総入 »

 な行 1985.09.21

中山美穂『生意気』

“超15歳級”な生意気ぶりが興味深い作品 前作「C」では、『毎度おさわがせします »

 な行 1983.02.23

中森明菜『1/2の神話』

中森明菜のテーマソング 「少女A」でツッパリアイドル歌謡の礎を築いた中森明菜。こ »

 な行 1986.02.03

中森明菜『DESIRE -情熱-』

「歌謡界の女王」の座がこの作品で成就 85年発売のシングルは、いずれも何かしらの »

 な行 1985.06.19

中森明菜『SAND BEIGE ~砂漠へ~』

スタッフの意欲が空回りした中近東歌謡の凡作 「ミ・アモーレ」の成功にすっかり気を »

 な行 1985.10.09

中森明菜『SOLITUDE』

情状酌量の余地がある意外な失敗作 これは明らかに失敗作だ。聴いていて退屈極まりな »

 な行 1984.04.11

中森明菜『サザン・ウィンド』

おそらく全シングル中、最も聖子を意識した作品? 作曲が玉置浩二。 安全地帯「ワイ »

 な行 1982.05.01

中森明菜『スローモーション』

対照的な歌詞と曲を結びつけるアレンジが見事 中森明菜のデビュー曲。この歌はよく聴 »

YouTubeAdsense攻略情報共有プログラム